2014.04.30

レアル完勝で12季ぶりCL決勝進出、王者バイエルンに連勝…悲願10度目制覇へ

S・ラモス
2点目を挙げ、歓喜のS・ラモス [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが29日に行われ、バイエルンとレアル・マドリードが対戦した。

 レアル・マドリードの本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行われたファーストレグでは、カウンターから挙げたカリム・ベンゼマの得点が決勝点となり、アウェーゴールを与えずレアル・マドリードが先勝して迎えた一戦となった。

 バイエルンがボールを保持して試合を進め、レアル・マドリードがロングボールを中心としたカウンターでチャンスをうかがう。開始9分、レアル・マドリードは相手DFライン裏に走り出したベンゼマに向け、ロングボールを送ると、ペナルティエリア外に飛び出したGKマヌエル・ノイアーのヘディングのクリアが短くなり、拾ったギャレス・ベイルが遠い位置から左足で無人のゴールを狙ったが、枠の上へ外れた。

 ゴールに近づく場面はアウェーチームが多く作る中迎えた16分、レアル・マドリードは右CKを得ると、ルカ・モドリッチが送ったボールにセルヒオ・ラモスがフリーで飛び込み、ヘディングでネットを揺らし、先制に成功する。

 勝ち抜けのためには3点が必要となったバイエルンだが20分、右サイドのやや浅い位置でレアル・マドリードがFKを得ると、アンヘル・ディ・マリアが蹴ったボールをペペがニアサイドでコースを変え、S・ラモスがまたもヘディングで合わせて追加点を獲得する。

 34分にはカウンターからベンゼマ、ベイルとつなぎ、最後はクリスティアーノ・ロナウドが落ち着いてゴールに流し込み、3点目を獲得。C・ロナウドはレアル・マドリードでのCL通算50得点目となり、今シーズンの大会15点目で、1シーズンの同大会最多得点記録を更新した。ほぼ試合を決めたレアル・マドリードだったが、38分にシャビ・アロンソが警告を受け、累積により次戦出場停止となってしまった。

 後半、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督はマリオ・マンジュキッチに代え、ハビ・マルティネスを投入する。フランク・リベリーやトニ・クロースらが積極的に仕掛け、シュートを放つようになるが、状況を打開できないバイエルンは、72分にリベリーとトーマス・ミュラーを下げ、マリオ・ゲッツェとクラウディオ・ピサーロをピッチに送り出す。

 一方のレアル・マドリードは累積警告による出場停止がリーチだったS・ラモスに代え、ラファエル・ヴァランを投入する余裕の采配。78分にバイエルンはクロースがミドルシュートを打つが、クロスバーの上をわずかに越えた。

 試合はその後ペースダウン。90分にはゴール正面やや左の位置で獲得したFKを、C・ロナウドが壁の下の抜けるシュートで直接決め、4点目を獲得。レアル・マドリードはボール支配率こそ相手に譲ったが、バイエルンにほとんど決定機を作らせず、4-0で完勝し、2連勝で決勝進出を決めた。

 レアル・マドリードは2001-02シーズンに優勝を果たして以来、12シーズンぶりの決勝進出。バイエルンの大会連覇の夢は潰えた。決勝は5月24日にポルトガルのエスタジオ・ド・SLベンフィカで開催。レアル・マドリードは史上初の10度目のCL制覇“ラ・デシマ”を懸け、アトレティコ・マドリードとチェルシーの勝者と対戦する。

【スコア】
バイエルン 0-4 レアル・マドリード

【得点者】
16分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
20分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
34分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
90分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る