2013.05.01

ドルトムントが16年ぶりCL決勝進出…2戦合計でレアルを上回る

ドルトムントが2試合合計スコアで上回り、決勝進出を決めた [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが4月30日に行われ、レアル・マドリードとドルトムントが対戦した。

 ファーストレグは、4-1でドルトムントが勝利。迎えたセカンドレグは、ホームのレアル・マドリードが序盤から攻め込む展開を見せた。

 4分にルカ・モドリッチがドルトムント陣内でボールを奪うと、メスト・エジルが繋ぎ、最後はゴンサロ・イグアインがGKと一対一となるが、シュートはGKロマン・バイデンフェラーの好守に遭ってしまう。13分にも、アンヘル・ディ・マリアがゴール前に浮き球のパスを出すと、抜け出したクリスティアーノ・ロナウドが胸トラップから決定的なボレーシュートを放つが、再びバイデンフェラーにブロックされてしまう。

 一方、アウェーで戦うドルトムントは、14分にマリオ・ゲッツェが負傷。ケヴィン・グロスクロイツとの交代を余儀なくされた。レアル・マドリードは直後の15分に、モドリッチ、C・ロナウドと繋いでエジルがGKと一対一となる絶好機を得るが、シュートはゴール脇にわずかに外れ、得点には至らなかった。

 スコアレスで後半を迎えると、50分にドルトムントがカウンターから大きなチャンスを迎えた。マルコ・ロイスのパスを受けたロベルト・レヴァンドフスキが、GKとの一対一でシュートを放ったが、ボールはクロスバーを直撃してしまい、好機を逸してしまった。

 先制点が生まれずにいると、レアル・マドリードは57分にカカとカリム・ベンゼマを投入。選手交代で打開を図ったが、62分に再びドルトムントが決定的なチャンスを得た。右サイドのスローインからロイスが抜け出して、中央にラストパスを供給。しかし、イルカイ・ギュンドアンのシュートはGKディエゴ・ロペスの好セーブに防がれてしまった。

 レアル・マドリードも70分にカカ、エジルと繋いで、C・ロナウドがペナルティエリア内でシュートを放つが、ボールはゴール上に外れた。ドルトムントも76分にロイスが左サイドを突破すると、ゴール前でパスを受けたレヴァンドフスキがシュートを打つが、マイケル・エッシェンのブロックに遭って得点とはならなかった。

 膠着状態が続いた試合だったが、82分についに均衡が崩れた。右サイドでカカのパスを受けたエジルが中央に折り返すと、最後はベンゼマが押し込み、ドルトムントゴールを揺らした。

 終盤に入ってスコアが動くと、追加点を狙うレアル・マドリードが猛攻を見せ、88分にはセルヒオ・ラモスが2点目を奪う。しかし、試合は2-0でタイムアップ。1勝1敗となったが、2試合合計スコアで4-3と上回ったドルトムントが、優勝した1996-1997シーズン以来、16年ぶりの決勝進出を決めた。

 なお、5月25日にイングランドのウェンブリー・スタジアムで行われる決勝では、バイエルンとバルセロナの勝者と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る