2012.05.05

李忠成の移籍後初ゴールがサウサンプトンの年間最優秀ゴール賞に選出

 イングランド・チャンピオンシップ(2部)で2位となり、来シーズンのプレミアリーグ昇格を決めたサウサンプトンが、シーズン終了後の表彰式を開催。今シーズン途中から同クラブに加入した日本代表FW李忠成のゴールがクラブの年間最優秀ゴールに選出された。

選ばれたゴールは、2月18日に行われたダービー戦のチーム4点目で、李の移籍後初得点となった場面。後半開始から途中出場した李は75分、ドリブルでペナルティーエリア内に侵入し、角度のないところから左足で強烈なシュートを突き刺していた。

 李は自身の公式ブログで、「光栄な事に『goal of the season』に選ばれました」と喜びを表現。初ゴール後は負傷もあり、得点を重ねることはできなかったが、「昇格するチームの一員として戦えた事を誇りに思うし、『成し遂げる』スピリットを感じる事ができた事を幸せに思う」とシーズンを振り返った。

最後に「また来年も表彰されるように、怪我をしっかりと治し、活躍できるよう体を整えて行きたいと思います」と締めくくった李。来シーズンから戦うプレミアの舞台に向けて、まずは負傷からの復帰を目指している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る