2019.11.17

リヴァプールOBのマッテオ氏が脳腫瘍で手術へ…クラブも声明を発表

リヴァプール時代のマッテオ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールは16日、クラブOBで元スコットランド代表DFドミニク・マッテオ氏が脳腫瘍により手術を行ったと発表した。


 リヴァプールは「クラブ全員の考えは、ドム、彼の家族、友人とともにあり、私たちはこの困難な時期を通して彼らに私たちのサポートを提供する」との声明を発表。また同クラブの公式メディアでプレゼンターを務めるピーター・マクド-ウェル氏によると「恐ろしい数日間だが、彼は順調」とのことだ。

 リヴァプールの下部組織で育ったマッテオ氏は1992年のトップ昇格以降、リーズへ移籍する2000年までプレー。リーズではチャンピオンズリーグでの活躍の他、キャプテンを務めるなど主力として活躍。その後ブラックバーンやストークを経て2009年に引退した。引退後はギャンブル依存に苦しめられ、2015年に自己破産申請を行っていた。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る