FOLLOW US

先制点の横浜FM齋藤学「思い切って狙って蹴った」/ナビスコ杯

 ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦が30日に行われ、横浜F・マリノス鹿島アントラーズが対戦。3-1で勝利した横浜FMが、2戦合計5-1で準決勝進出を決め、大会3連覇を目指した鹿島は敗退となった。

 試合後、39分に先制点を決めた横浜FMのFW齋藤学は、以下のように振り返っている。

「新潟キャンプで巻くイメージのシュート練習をしていた。相手が1人しかいなかったし、カバーも1人しかいなかったから思い切って狙って蹴った。(鋭いシュートに)ちょっとびっくりしました。個人的なミスが多かったので、次までに修正したい。前回、右サイドでやられていたけど、今日はそこをケアしたからほとんどやられていないと思う」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA