FOLLOW US

「“合わないからダメ”を“できる”にする」 森保監督、日本代表の底上げへ「監督としてのチャレンジ」語る

選手へ指示を送る森保監督 [写真]=Getty Images

 日本代表は13日、国際親善試合でパナマ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 試合後の会見に出席した日本代表の森保一監督は、特に序盤慎重な進め方になったことについて「最初15分、選手たちはアグレッシブにプレーしようとしてくれていたし、守備、球際の部分で行ってくれたと思います。攻撃ももっとうまい形でボールを動かしてチャンスを作ろうとしていたと思いますが、まずは基本的に4バックでやっている中で3バックをトライしてくれたことと、10月のオランダ合宿での試合から大幅に選手を変えたことで、互いにプレー選択を確認しながら試合が進みました。気持ちではアグレッシブさを持ってくれていたと思います。パスミスや合わないところがあり、少し慎重に動かすことが出てきたと思いますが、トライをし続けて、時間を追うごとに相手陣内に攻め込んで、我々がコントロールできるようになったと思います」と、トライをする中でのズレがあったことが影響したと振り返った。

 その意思疎通やトライする中でのズレについて、代表は集まる時間も少ない中で、選手の組み合わせやメンバーによって、ムラがあることに課題を感じているか問われ、「合わないからこそ、選手にはプレーする機会を持ってもらい、全体を合わせる。監督としてチーム作りをする中、経験があって確実にどれだけのプレーができるかわかる選手たちを起用することも、もちろん大切ですが、チーム全体の力をつけるには、経験の浅い選手たちに出場機会を得てもらい、強い相手と戦う中で、そのレベルに合わせていくことが大切です。チームとしても、これまでたくさんの経験をしてきた選手に合わせていくことで力をつけると思いますし、それが全体的な底上げになる。合わないからダメではなく、できないことをできるようにするために練習して、試合でチャレンジすることに、選手たちは前向きにやってくれています。『合わないからお前はダメ』ではなく、『ダメをできるようにするためにどうトライするか』に対して、前向きにやってくれている。経験の浅い選手たちにピッチ上でトライしてもらう場を作るために選手起用を工夫するということは、私のチャレンジだと思っています」と、チーム力の底上げのためには、多くの選手に可能な限りの経験を積ませることが大切であり、指揮官として挑戦していることと答えた。

 スコアレスで前半を終え、ハーフタイムで橋本拳人を下げ、遠藤航を投入したことで、一気に流れを引き寄せた日本。遠藤投入は「もちろん試合の流れを見ながらだが、45分で投入することはもともとのプランだった」と話し、「前半なかなかボールをうまく動かせない中、彼がDFライン、あるいはサイドからボールを受けて起点になったということが(前半から)変わった点ですし、バランスもチームとして整理されて、セカンドボールを拾う、球際の部分など、選手たち全体の良さが出せるようになったと思う」と、働きを称えた。

 パナマ戦では10月のオランダ合宿で起用がなかった三好康児と板倉滉、新型コロナウイルスの影響で招集できなかった橋本拳人と浅野拓磨を起用した。前半で下げた橋本については「所属チームでは1つ前のポジションでやっていることが多いので、チーム戦術との違いで戸惑いがあったと思います。その中で何とか積極的に自分の良さを出そう、チームのために前向きにトライするという部分で、よくチャレンジしてくれたと思います。プレーした中で、成長するところ、代表のために修正・改善するところは伝えたいし、彼も感じていると思うので、今後も期待したい」とコメント。

 東京オリンピック世代として、前述の通り、たくさんの経験をさせたい対象としているであろう板倉と三好はフル出場となったが、板倉については「早い判断でより相手が嫌がるプレーを選択するという部分で、彼が持っているものをもっと発揮できると思いますが、DFラインで一緒に戦った吉田麻也の経験値等をゲームの中で感じ、吸収しながら、今後の成長につながるプレーができたと思うし、実際、無失点に貢献して戦ってくれたので、今持っている彼の力を発揮してくれた」と課題を口にしつつ、評価を与え、三好に対しては「攻撃の部分での起点、チャンスメイクの部分で力を発揮してくれた」と話しつつ、「もっとプレー判断のスピードを上げたり、相手が嫌がる攻撃を選択することや最後仕留められる場面もあったので、決定力をまだまだ上げててもらいたい」と注文も忘れず。これは浅野に対しても同様で、見せたプレーについては評価しつつ「チャンスが多い、少ないではなく、少ないチャンスでもチームがよりよい戦いができるよう、仕留める部分でさらに期待をしたい」と、決定力を示してほしいと語った。

 次戦のメキシコ戦を終えると、A代表は3月のカタール・ワールドカップ2次予選の残り試合へと向かう。森保監督はチームの戦い方の選択について、「優先順位として、まずはボールを奪った瞬間に速攻を仕掛けられるなら仕掛ける。マイボールを大切にすることは伝えていますし、練習もしていますが、相手の背後を取れる場面で『チャンスにできる』と思った時は、ボールをつなぐより、背後を取ることが大事なので、そういう判断をしてほしいとトレーニングの中でもやっています。もちろん判断として『絶対にこれ』ではなく、背後に蹴り出すと相手もスペースを埋めてくるので、その時はよりつないで揺さぶる。そこの判断を選手ができるようトレーニングで、もっとやっていきたい」「代表ではベースをいかにしっかり発揮できるかが大切。戦い方のオプションもたくさん持ちたいですが、代表活動を終えると選手は所属チームに帰り、所属チームのコンセプトや役割と向き合って、また代表に戻ってくる。所属チームと代表のコンセプトや役割のギャップをしっかり修正するために、まずベースをトレーニングで入れていかないといけないと感じている」と続け、時間が短い代表でのチーム作りの方向性を、改めて話している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO