FOLLOW US

森保J初の3バックに柴崎岳は何を感じた?…試合後に語った収穫と課題

スコアレスドローの一戦から柴崎岳が感じた収穫と課題とは [写真]=三浦彩乃

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でトリニダード・トバゴ代表と対戦。試合は終始日本が攻め込む展開が続くもゴールを奪えず、スコアレスドローに終わった。

 この日は森保ジャパン発足後、初の3バックで試合に挑んだ。2ボランチの一角として先発出場した柴崎岳は試合後、「うまくいった部分が多かった」と収穫を語った。

「初めて3バックにトライしました。相手ありきではありますけど、客観的に見てうまくいった部分が多かったと思います。うまくいかないことのほうが多いと思っていたので。イメージしていたものより機能していたと思います」

 しかし、代表チームで活動できる時間は限られている。さらに、この日は初めてのフォーメーションで挑んだこともあってか、ゴールを奪い切るには至らなかった。司令塔としてゲームをコントロールした柴崎も課題を感じているようで、「これから、見ていかないといけないですね。実際、(トレーニングの時間は)少なかったです。やってみながら、というところはあったので、細かいところまでは確認できていなかったです」と話した。

 柴崎が感じた収穫と課題を結果につなげることはできるのか。日本は次戦、9日にひとめぼれスタジアム宮城にてエルサルバドル代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO