FOLLOW US

決勝進出の日本代表に暗雲…酒井、遠藤が検査のため一足早くアブダビへ

日本代表の酒井(左)と遠藤(右)[写真]=Getty Images

 日本代表は29日、AFCアジアカップUAE2019決勝戦に向け、アル・アインで調整を実施。イラン戦に先発出場した酒井宏樹、遠藤航は病院で検査を受けるため、一足早く決戦の地・アブダビへ向かったことが判明した。

 遠藤は60分に負傷により塩谷司と途中交代。試合後の取材対応では「肉離れ」の症状があることを明かし、「もうチームを信じるだけ」と決勝欠場を示唆していた。酒井はここまで4試合フルタイム出場を続けてきたが、イラン戦では相手との接触で痛むシーンや1枚警告を受けていたこともあり、73分に室屋成と交代。「もちろん出る気でいます」と決勝出場を宣言していたが、検査結果によっては大一番を欠場する可能性も出てきた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA