FOLLOW US

柴崎岳との関係性に手応えを感じる遠藤航「うまくフィットしていた」

ベトナム戦に出場した遠藤航 [写真]=Getty Images

「2点目が取れればよかったんですけど…」。遠藤航はそう言って苦笑したが、苦しいゲームの中で確かな収穫もあった。

 日本代表は24日にAFCアジアカップUAE2019・準々決勝でベトナム代表と対戦。堂安律が決めたPKを守り切り、ベスト4進出を果たした。

 前半はセットプレーから吉田麻也がゴールネットを揺らしたが、このラウンドから導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって取り消されたこともあり、スコアレスで折り返した。

 それでも選手たちは「問題ない」という認識だった。そして、ダブルボランチを形成する相方・柴崎岳とは「しっかりパス交換して、簡単に後ろや横に広げるのではなく、二人の関係性でうまくタテに入れよう」と策を講じた。

「一度タテにつけると、サイドにスペースが空いてドリブルを仕掛けられたり、PKをもらったシーンもそうでしたけど、相手もブロックを敷いているなかでサイドよりも中を使われる方が嫌だと思うので」

 結果的にはPKの1ゴールのみに終わり、「理想はいつも言っているように2点目が取れればよかったですけど」と本音を漏らしたが、それでも柴崎との関係性には「うまくフィットしていた場面が何回かありました」と手応えを感じている。

 ボランチは青山敏弘の負傷離脱もあって手薄になっているが、「中2日でもやれると信じてくれたのは嬉しい」と指揮官への感謝を口にした遠藤。「期待に応えなきゃという思いでプレーしたので、勝ててよかったです」と胸をなでおろした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA