FOLLOW US

「なんとか勝てて良かった」…吉田麻也、VARは「フェアかなと思います」

フル出場で勝利に貢献した吉田麻也 [写真]=Getty Images

 日本代表は24日、AFCアジアカップUAE2019・準々決勝でベトナム代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 試合後インタビューに応じたDF吉田麻也は、「結果にも表れている通り、簡単な試合は一つもなかった。今日も非常に難しいゲームだった。ゼロに抑えられたことは良かったですけど、特に前半はミスが多かった」と振り返り、次のように続けた。

「僕自身もそうですけど、細かいミスが多くてなかなかリズムを作れなかった。そこは今日うまくサッカーをできなかった要因だったと思います。後半はテンポ良くボールを回せるようになって、相手もかなり疲弊していた。VARで運よくPKをもらえたけど、なんとか勝てて良かった」

 24分にはCKからゴールネットを揺らした吉田だが、VARによって得点が取り消された。「準々決勝から導入されるということだったので、おそらくAFC側も審判側も前例を作るために使いたがるだろうな」と予想していたという。「もしかしたらハンドかなっていう感じもあったので、仕方なかった。逆に後半それでイニシアチブを取れたのでフェアかなと思います」と冷静に語った。

 苦しみながらも勝利した日本代表はベスト4に進出。準決勝は28日に行われる。「ここまで厳しい試合を勝ち抜いてきたが、もっともっと試合のテンポを速めて、質を上げて、アタッキングサードのところの質を高めていかないと次の相手は勝てないと思う。まずはしっかりと休んで、いい準備をしたいと思います」と意気込んだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA