2018.05.30

西野ジャパン、ガーナ相手にゴール奪えず敗北…FKとPKで失点を許す

日本代表
ガーナ戦の先発メンバー [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアに挑む日本代表は30日、キリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦した。

 スタメンには、川島永嗣、槙野智章、長谷部誠、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、大島僚太、原口元気、宇佐美貴史、本田圭佑、大迫勇也の11人が選ばれた。また、日本代表として初陣を飾った西野朗監督は3バックを採用した。

 最初にチャンスを作ったのは日本だった。5分、宇佐美のヒールパスで左サイドを突破した長友が早い段階でクロスを上げる。ペナルティエリア内でボールを受けた大迫がシュートを放ったが、これはGKの正面に飛んでしまいネットを揺らせなかった。

 攻めていた日本だったが、9分に自陣ペナルティアーク内でFKを与えてしまうと、トーマス・パーティーに壁の間を抜くシュートを決められてしまった。

 先にゴールを奪われた日本は、ガーナのゴールマウスに襲いかかる。28分、相手ディフェンスラインの裏を狙ったボールに、右サイドから走り込んだ原口が受ける。切り返してからクロスを上げると、待っていた大迫がヘディングシュート。しかし、このシュートは枠を外れてしまう。

 さらに32分、本田のFKが相手GKに防がれてしまい左サイドのCKを獲得。ゴール前へ上がったボールに、ファーサイドで待っていた本田が胸トラップからシュートを放ったものの、GKのファインセーブにあい、点差を縮めることはできなかった。

本田圭佑

FKでゴールを狙う本田 [写真]=兼子愼一郎

 後半に入ると、日本は原口、宇佐美、大迫に変えて、酒井高徳、香川真司、武藤嘉紀をピッチに送り込み同点を狙う。

 だが51分、ペナルティエリア内に進入したエマニュエル・ボアテングと川島が交錯してしまい、PKを与えた。これをボアテングに決められて、点差を2点に広げられた。

 その後は惜しいチャンスもあった日本だったが、最後までゴールを奪うことはできず。最終スコア0-2でガーナ相手に敗戦を喫した。

 日本は翌日の31日、W杯に臨む23人のメンバーを発表を予定しており、本大会では6月19日にコロンビア代表、25日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 0-2 ガーナ代表

【得点者】
0-1 9分 トーマス・パーティー(ガーナ)
0-2 51分 エマニュエル・ボアテング(PK)(ガーナ)

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る