2017.10.11

乾の反省点は“ポジショニング”と“ゲーム運び”…トリックFKは「やろっかって」

乾
乾貴士が引き分けに終わったハイチ戦の反省点を語った [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2017が10日に行われ、日本代表はハイチ代表と3-3の引き分けに終わった。

 左サイドで先発したFW乾貴士(エイバル)は試合後、取材に応じポイントに“ゲームコントロール”と“ポジショニング”をあげた。

 リードを奪い落ち着いてしまったのではとの指摘に、乾は「いや、2点を取って落ち着くのは別に悪いことではないです」と主張。「ただそこでゲームコントロールができないときつかったかなというところですね」とその後の試合運びが問題と指摘し、「中でやっている選手はたぶん(ボール)をキープしたい、でも監督のサッカーは3、4点目を取りに行くサッカー。中の選手がはっきりできなかった」と語った。

 後半はFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)とポジションを入れ換えると、左に入った原口が攻撃の起点となった。乾は「元気は左サイドに張って、いいタイミングで中に入ったり、ああいう形は効果的。(DF車屋)紳太郎との関係も良くなった」と評価。それまで左サイドを務めた乾は「もっと(外に)張ってそこで起点を作れれば、紳太郎の上がりを待って、そこで崩せたんじゃないかと思う。その辺は反省です」と振り返った。

 またMF香川真司(ドルトムント)とのトリックプレーにも言及。「真司が近づいてきて、トリックプレーをやりたいって言ったので、『じゃあ、やろっか』って」と即興でのプレーだったことを明かした。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る