2017.10.11

「どう攻めて、どう守るのか」…途中出場の原口元気、課題は「意思の統一」

後半からピッチに立った原口元気 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2017が10日に行われ、日本代表とハイチ代表が対戦した。倉田秋(ガンバ大阪)と杉本健勇(セレッソ大阪)のゴールで2点を先行した日本だったが、ハイチに一時逆転を許してしまう。終了間際に香川真司(ドルトムント)が同点弾を決め3-3のドローに持ち込んだが、多くの課題が残る試合となった。

 左もも裏の違和感で6日のニュージーランド代表戦を欠場した原口元気(ヘルタ・ベルリン)は後半開始から出場。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から「いつも通りやれ」と送り出された原口は「仕留めることしか考えていなかった」と果敢にゴールを狙うも得点ならず。「自分たちの良さは全く出なかった」と振り返った。

 良さが出なかった要因について、原口は「意思の統一ができていかなかった」ことを挙げる。「僕らは前から行きたくて、でも後ろはあまり付いていかなくて」。続けて「チームとしてどう攻めて、どう守るのか。もちろん自分の最後のクオリティも低かったけど、それを徹底できなかったほうが問題」と課題を口にした。

 11月にはブラジル代表、ベルギー代表との強豪2連戦が待ち受けている。「積み重ねてきたものをさらにいいものにしていかないといけないし、それを強い相手にもできないといけない」と語り「今から戦い方を変える必要はない」と断言。しかしながら、「次を考える前にみんなで反省しないといけない」と、もう一度悔しさをにじませた。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る