2017.10.10

代表初出場を飾ったDF車屋…意識が高まり「もっと上手くなりたい」

車屋
初出場を飾った車屋 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 キリンチャレンジカップ2017が10日に日産スタジアムで行われ、日本代表とハイチ代表が対戦した。

 試合はMF倉田秋(ガンバ大阪)やFW杉本健勇(セレッソ大阪)のゴールで、日本がリードする。しかし、後半に3点を奪われ、逆転を許してしまった。それでも後半アディショナル、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)の放ったシュートにMF香川真司(ドルトムント)が触る。コースが変わり、ボールがゴールへ吸い込まれた。最終スコア3-3で引き分けに終わっている。

 試合後、後半から途中交代し、A代表初出場を飾ったDF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)が取材に応じた。

 まず「前半から心の準備を進めていましたが、緊張しました。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からの指示は特になかったですね」と初出場の感想を語っている。

 後半のチャンスシーンについて「相手がついてきていなかったので、そこで2対1の局面を作れればチャンスが生まれるかなと思っていました。でも、試合に入ってすぐは、様子見ながらやっていましたね。ただ、後半に入って逆転されたので、攻めの意識を持っていました。最後の方は自分の持ち味が出せたかなと。何回かあったクロスのシーンでは微妙にずれたので、そこは修正点です」と反省の色も見せている。

 続いて「全体的にはまだまだですね。球際も負けていた。海外選手特有の寄せの速さが印象的。そこはトレーニングから改善していきたい。クラブに戻って身体を鍛えなおすところから始めたいです。海外でやっている選手と練習して分かりましたが、身体のキレをもっとあげたい」とさらなる成長を望んだ。

 そして「監督からは継続的に見ていく、と言われました。今日の分までクラブでアピールしたい。それでも今日は勝ちにこだわりたかった。試合を通じて、もっと代表でプレーしたいという意識が高まりました。もっともっと上手くなりたいですね」と代表への想いを口にしている。

 最後に「相手の2点目は自分のサイドからチャンスを作られていた。リスタートが早かったので、全体的にバラバラになっていた。そこはしっかり修正していきたい」と締めくくった。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る