2017.09.01

先輩への感謝を語るDF昌子「森重君の貢献度も忘れないで」

昌子
オーストラリア戦を振り返る昌子 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選で日本代表はオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利、6大会連続のW杯出場を決めた。

 吉田麻也(サウサンプトン)とセンターバックでコンビを組み、完封勝利に貢献したDF昌子源がインタビューに応えている。

 試合の感想を聞かれて「あんまり勝ったって実感がわかないですね」と述べると、「彼らがかなりつなぐサッカーをして来たので、僕たちより前にいる選手が頑張ってくれた。だから僕たちの負担が減ったと思います。それが完封に繋がったかなと。僕は何もしていなくて、麻也君と川島永嗣君(メス)の存在がデカかった。ずっと彼らについて行ってました。次は自分もガツガツ行けるようにしたいです」とコメントした。

 続いて「麻也君とはずっと話をしていて、それで連携が良くなったと思っています。長谷部誠さん(フランクフルト)や長友佑都君(インテル)ともコミュニケーションを取っていました。だから、声の部分で解決できた部分もあった。決定的なピンチの前に指示でうまく行った部分も多い。それから、自然体に近い感じでプレーできたのもよかったです。もちろん緊張はしていましたけどね。井手口陽介(ガンバ大阪)のゴールが決まってホッとしました」と語っている。

 さらに「イラクと合わせて2試合に出させてもらって、いい経験になった。僕の前は森重真人君(FC東京)がずっと出ていた。偉大な人だけど、今回のことは悔しいはず。それでも、やっぱり喜んでくれていると思う。ここまで導いてくれたのは間違いなく森重君なので、彼の貢献度を忘れて欲しくない。だから、森重君の代わりに出てちゃんと結果を残せたのは、自分の中でもよかったことの一つです」と森重への感謝も口にした。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る