2017.08.29

攻撃参加は控えめで…無失点を目指す吉田、豪州メディアをピシャリ

吉田
吉田麻也が豪州メディアに逆質問 [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

「オーストラリアの強みも弱みも分かっている」。日本のディフェンスリーダーはそう言い切った。

 最高峰リーグの1つ、プレミアリーグで確かな地位を築いたDF吉田麻也(サウサンプトン)は、豪州メディアの英語での質問によどみなく応える。「コンフェデレーションズカップを見てきたけど、3バックに力強さがある。反面、俊敏性には欠けていて、ゴールを奪われるシーンもあった」。そう分析した吉田は試合のポイントに「ポゼッション」と「ゲームマネジメント」を挙げた。

「お互いにボールを持って攻撃したいはず。そこでボール支配率が非常に重要になってくる。前回の対戦では守備的に行き過ぎた面もあったが、今回は攻撃的、アグレッシブに行くつもりです」

 ただ、それはDFとして高い攻撃力を持つ吉田が攻め上がればいいという話ではない。今季のプレミアリーグでは、終盤の機を見た攻め上がりでPKを獲得したり、決勝点まで後もう一歩という場面も作ってた。しかし吉田は「極力攻め上がるシーンは少なくして、後ろに集中できれば。前の人が取ってくれれば一番いい。(昌子源と)助け合って無失点でいきたい」と攻撃ではなく守備での貢献を誓った。

 「ゲームマネジメント」には、「勝ち点が上なのは自分たち。0-0で時間が過ぎれば過ぎるほどオーストラリアはプレッシャーを感じてくるはずなので、そこを上手くゲームマネジメントしていかなくてはならないと思う」と日本が有利な立場であることを念頭にした戦い方が必要と語った。また両クラブともにヨーロッパでプレーする選手が多いこともあり「ヨーロッパと日本では気温と湿度が大きく違う。賢く戦う必要がある」とスタミナのマネジメントも鍵となると予想した。

 豪州メディアは取材の最後に「日本人の中には、監督を解任して欲しいから日本代表の敗戦を望む人もいる」という横浜F・マリノスでプレーするミロシュ・デゲネクの話に言及。これは吉田にとって驚きかと問われると、「横浜から代表に選ばれたのは何人いる?」と逆質問。自チームから選出されなかった一部の横浜サポーターがそう言っているのでは、と暗に指摘すると、一部の記者は爆笑し、「選ばれたい人はいるだろうけど」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る