2017.03.21

長谷部の代表離脱…本田「影響してるようでは先はない」川島「真価が問われる」

昨年9月のUAE戦に出場した本田(左)と長谷部(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 キャプテンの負傷離脱によって結束力が高まっているようだ。日本代表は20日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のUAE(アラブ首長国連邦)代表戦に向け、アル・アインでトレーニングを実施。FW本田圭佑(ミラン)は練習後、同日に発表された主将MF長谷部誠(フランクフルト)の離脱を受けて、「逆にマコ(長谷部)の分も含めてやろうという思いになっている」と話した。

 長谷部は11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦で両足をポストに強打。左足のすねを6針縫合するケガを負っていたが、その後の精密検査で右ひざも負傷していることが判明し、クラブは手術が不可避な状態だと発表していた。長谷部は19日に予定どおり代表に合流し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督や代表ドクターらとの話し合いの結果、離脱が決定。日本に帰国してサードオピニオンを聞いた後、内視鏡手術を受けるかどうかの判断を下すという。

「偉大なキャプテンなのでホントに残念ですけど、それでも前を向かないといけない」という本田は、主将不在で宿敵UAEとのアウェイ戦を迎えるが、「みんな自分に自信がある選手が日本代表に集まっているので、それが大きく影響しているようではこの先もないということだと思う」とチームメイトに信頼を寄せている。

 また、GK川島永嗣(メス)は「ニュースを観た時は非常にショックでしたし、今の代表の中で彼に代わるリーダーはいないと思うので、選手もスタッフもショックは大きいと思う」と長谷部離脱の影響を危惧。それでも「こういう時だからこそ一人一人の結束力を高めていかないといけないし、チームの真価が問われると思う。逆にあいつの分までチームがいい結果を出せる様に戦っていきたい」とチームの奮起に期待した。

Jリーグ順位表

G大阪
25pt
柏レイソル
24pt
浦和レッズ
23pt
Jリーグ順位をもっと見る
福岡
30pt
湘南
30pt
横浜FC
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
20pt
栃木
19pt
富山
18pt
Jリーグ順位をもっと見る