2016.08.08

「自分の判断ミス」…初先発の井手口、1失点目を反省「次につなげる」

井手口陽介
先発メンバーに名を連ね、今大会初出場を果たした井手口陽介 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が6日に行われ、日本とコロンビアが対戦。日本は65分時点で0-2とビハインドを負ったが、67分にFW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、74分にMF中島翔哉(FC東京)がゴールを決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。

 MF井手口陽介ガンバ大阪)はボランチの一角として先発メンバーに名を連ね、今大会初出場を果たした。試合後には「前の試合(ナイジェリア戦)よりはみんなが連動して、『立ち上がりから前からプレスに行こう』と言っていたのがうまくハマった」と一定の手応えを示しつつ、1失点目の場面について反省の弁を述べている。

 今大会初出場ながら、試合にはすんなりと入ることができたという井手口。「個人としてもチームとしても、やっぱり立ち上がりの守備を」意識して臨んだ一戦、前半途中にイエローカードを受ける場面もあったが、積極的なボール奪取で中盤を支えた。

 ただ、1失点目の場面ではテオフィロ・グティエレスに振り切られ、ミドルシュートを決められてしまった。井手口は「自分が簡単に入れ違われた。ゴール前ではもっとシビアに行かないといけないと思うので、そこは改善していかないといけないと思いました」と反省の弁。一連のプレーを以下のように振り返っている。

「(グティエレスが)後ろにトラップするかな、と思って先読みして行ったら、そのまま前を向いた。中盤とかだったら、多少は前を向かれてもまだ追いつけますけど、ゴール前だったので(追いつけなかった)。そういった自分の判断ミスで失点につながったので、反省して次につなげていければ」

 課題を口にした井手口は「先制点を取れたら、もっと流れは変わっていたと思う。やっぱり決められるところで自分も決めていけるようにしていきたいです」と攻撃面での向上も誓っていた。

 日本は10日(日本時間11日)に行われるグループステージ第3節でスウェーデンと、コロンビアはナイジェリアと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング