2016.03.30

第2段階に入って変化したハリル、本田・香川・岡崎が語る信頼関係強化

SAITAMA, JAPAN - MARCH 29:  Keisuke Honda #4,Shinji Kagawa #10 (scores) and Shinji Okazaki #9 of Japan celebrate the second goal during the FIFA World Cup Russia Asian Qualifier second round match between Japan and Syria at the Saitama Stadium on March 29, 2016 in Saitama, Japan.  (Photo by Masashi Hara/Getty Images)
シリア戦に出場した本田、香川、岡崎(左から)。指揮官への信頼を語った [写真]=Getty Images
日本代表から海外まで幅広くフォローするフリーライター。

 29日に埼玉スタジアムで行われた2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のシリア戦、17分に香川真司(ドルトムント/ドイツ)が鋭いクロスを前線へ送り、相手守護神が弾いたボールが相手DFに当たりラッキーな形で先制点を手に入れた日本代表。しかし、後半21分に香川が胸トラップからの反転左足シュートで豪快に2点目を奪って勝負を決めるまでは、相当な苦戦を強いられた。

 数多くの決定機を作りながら決めきれない選手たちを、この日のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は必要以上に怒鳴ったり、鼓舞したりせず、じっと黙って見守り続けた。そんな立ち振る舞いは、同じシリアとのアウェー戦(2015年10月=オマーン)で、前半通して山口蛍(ハノーファー/ドイツ)に「ホタル~、ホタル~」と檄を飛ばし続けたのとは、まさに対照的だった。

「今までは監督から要求が多かったけど、攻撃に関してはあまりなくなった。自分も『(サイドに)流れるな』と言われていたけど、それに対してほとんど言わなくなった。自分が流れることで真司のスペースを空けることにもつながったかなと思う。自分たちで考えてサッカーができるにようになった分、今回は前がかりになりすぎて、ボールを取られた後の守備の切り替えが遅くなり、そのへんは危ないかなとは思った。だけど、いい距離感を保って速い攻撃につなげていけることは見せられた思う」とこの日、国際Aマッチ100試合を達成し、ハリルホジッチ監督から直々にキャプテンマークを託された岡崎慎司(レスター/イングランド)も指揮官の変貌ぶりを驚き半分に語っていた。

 1年前の就任当初、ハリルホジッチ監督はピッチ上の戦術からミーティング、宿舎での行動に至るまで全てを一方的に通告する傾向が強かった。選手たちも窮屈に感じ、それがピッチ上のパフォーマンスにも出てしまっていた。1つの典型例が想定外のスコアレスドローに終わった昨年6月のシンガポール戦(埼玉)だ。この試合でも岡崎、香川、本田圭佑(ミラン/イタリア)の3枚看板と宇佐美貴史(ガンバ大阪)という前線4枚が陣取ったが、彼らは動きが硬直化し、全員が中へ中へと動きすぎることで、お互いを消し合う形になった。柔軟性や臨機応変さの欠如が色濃く見て取れる戦いぶりだった。

 けれども、第2段階に入った今年から、指揮官は選手たちにさまざまな面で自由を与えるようになった。ホテルでの選手ミーティング実施や外での食事会開催を許したのから始まり、ピッチ上でも戦術でがんじがらめにしなくなった。その結果、岡崎、香川、本田の三大得点源に宇佐美を加えたアタッカー陣が、より彼ららしくイキイキとゴールに向かえるようになった。それは紛れもない事実である。

 このシリア戦で2得点し、10番の前任者である中村俊輔(横浜F・マリノス)の代表通算24点を一気に飛び越えて25点とした香川も、今回はトップ下から左右のサイドに動いたり、前線に飛び出したりと柔軟に位置を変えながら躍動した。それが2ゴール1アシストという目覚ましい結果につながったと言っていい。「監督が1年間、言い続けてきた練習中のスプリントであったり、球際へ行く姿勢、スピード、寄せの部分も含めて、今回の2試合で示せた部分は多くある。そこには自信を持っていい。手ごたえを感じられる合宿、試合だったと思います」と香川も久しぶりに納得の表情を浮かべていた。

 後半41分にダメ押しとなる3点目を奪い、2次予選6試合連続ゴールという記録を作った本田も、1年間で構築したハリルホジッチ監督との強い信頼関係を改めて口にした。「監督っていうのは難しい(仕事)ですよね。結局、ワールドカップで結果を残さないと、そこまでよくても、たったの3試合で全てが悪いって判断づけられる。そこがこの世界の厳しいところ。最後がダメならダメなんで。でも『愛のある監督』なんじゃないですかね。最後に負けても、お互い裏切り合うことなく、人のせいにしあうことなく、最後まで戦える集団を作れる上司なんじゃないかなと思います」

 神妙な面持ちでこう語った背番号4は、ハリルホジッチ監督とは裏表なく関係を築くことができ、最後まで一枚岩で戦っていけるという確信に至ったようだ。2007年にイビチャ・オシム監督体制で代表に初招集されて以来、岡田武史氏(FC今治代表)、アルベルト・ザッケローニ氏(北京国安監督)、ハビエル・アギーレ氏(アル・ワハダ監督)、ハリルホジッチ監督と5人の指揮官の下でプレーしてきた本田が、ここまで踏み込んだことを言うのは珍しい。それだけ現指揮官とは腹を割ったストレートな意思疎通ができているのだろう。

 そうやって風通しのいい状態が最終予選でも維持できれば、日本はより多彩な攻撃からゴールを奪えるはず。逆に攻め込まれる苦境に直面しても一体感を持って耐え忍ぶことも可能ではないだろうか。岡崎・本田・香川の3枚看板からお墨付きを得たハリルホジッチ監督のチーム作りが今後どうなっていくのか。ここから半年間でより前向きな化学変化を期待したい。

文=元川悦子

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る