2016.03.26

「見に来たいと思える」日本代表を目指す槙野…シリア撃破で首位通過へ

槙野智章
26日のトレーニングに参加した槙野智章 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 日本代表は26日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のシリア戦(29日)に向けて埼玉県内でトレーニングを実施した。

 昨年10月にオマーンの首都マスカットで行われた前回のシリア戦では、日本が3-0の勝利を収めた。DF槙野智章(浦和レッズ)は、まだビデオでの対戦相手の確認が済んでいないようで、「前のゲームからどういうふうに来ているかも分からない」と、これから詳細な分析に入ることを明かした。

 この日はボールのポゼッション率やシュート数、選手個々のパス数など、データについてのミーティングがあった。「質の高いチーム(が相手)になってくるとどうしても(データ上の)数字的には下がってくる傾向にある。一方で大勝したゲームはやっぱり数字上かなり上がっている」と槙野が語るように、選手たちは改めて細かい数字の部分を再確認したという。槙野はそうしたデータが対戦相手に左右されることを理解しつつ、「つねに安定した数字」を出せることが理想だと話した。

 日本はすでにアジア2次予選突破を決めているが、今回のシリア戦は「負けてはいけない」試合であると同時に、「1位で通過すること」が第一目標となる。また、チームを率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは「日本のスポーツ界の中で、サッカーがもう少し引っ張っていかないといけない」と言われていることを告白。24日のアフガニスタン戦をFW本田圭佑(ミラン/イタリア)とともにベンチから見守った際、「ちょっと空席が目立つ」ことを話していたという。

「やっぱり埼玉スタジアムが満員になる、青く染まるスタジアムの中でやりたい」という自らの願いを口にしつつ、「それは自分たちの手にかかっている」とコメント。「見に来たいと思えるサッカー、見に来たいと思われるような選手になることが大事」とファン・サポーターへの思いを語った。そして、シリア戦については「しっかりと勝って首位通過することが今後の日本サッカーにとっても大事」と必勝を誓っている。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る