2016.03.08

ハリルからの初指導…代表への想いを語るFW小林「自分自身がすごく成長できる場所」

小林悠
ハリルホジッチ監督の下、トレーニングに参加した小林悠 [写真]=野口岳彦
サッカー総合情報サイト

 日本代表候補メンバーは7日、千葉県内でトレーニングキャンプの初日を迎えた。

 これまで度重なる負傷により、代表辞退が続いていた川崎フロンターレFW小林悠は、日本代表を「すごく来たかった場所」だと語った。

 小林は2015年3月、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣となった、チュニジア代表戦、ウズベキスタン代表戦のメンバーに招集された。しかし、直後に負傷離脱をして代表には合流できなかった。悔しい思いをしてきただけに、小林には日本代表で多く経験を得て、自らの成長につなげたいという想いがある。

「(ハビエル)アギーレさんの時に呼ばれて、少しの間経験できただけでもすごく自分の成長につながったと思う。本当に自分自身がすごく成長できる場所。本当にレベルが高い中でやれるので、吸収できるものは全部吸収して自分の強さに変えられればいいかな」

 ハリルホジッチ監督は練習の冒頭に湘南ベルマーレと川崎が前線からプレスをかけていることについて触れたが、「A代表は全く違うやり方をする」と言及。小林も「代表で求められていることをしっかりと切り替えて、いつもやっている頭と切り替えて、しっかり学べることは学んでいきたい」と指揮官の意向をうまく汲み取りたいと述べた。

 今回、初めてハリルホジッチ監督から直接指導を受けたが、自身が求められているプレーについては「やっぱり裏への抜け出しだったり、ハードワークすることが自分の良さ。ハリルさんがウイングに求めていることだと思うので、しっかり自分の良さを出せればアピールにつながると思う。時間は短いですけど、やれることはしっかりとやっていければいい」と裏を狙う動きと前線からの守備を監督にアピールしたいと意気込んだ。

 2016明治安田生命J1リーグでは、開幕から2試合で3ゴールと好調を見せている。「ポジションはFWですし、結果を残すことで代表にも呼ばれると思う。まずチームでしっかりと結果を残すのはもちろんですけど、ハリルさんの要求していることにももっと近付けられればいいと思います」と、得点力の面でも指揮官からの評価を掴み、代表への定着を誓った。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る