2016.02.08

ハリルが欧州視察、本田&長友と会食…ハーフナーの代表復帰も示唆

ハーフナー・マイク 本田圭佑 長友佑都
ハリルホジッチ監督が視察したハーフナー、本田、長友(左から順) [写真]=Getty Images

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、ヨーロッパでプレーする日本人選手の視察に訪れた。同監督が日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントした。

 各国リーグ戦が後半に突入する中、ハリルホジッチ監督はオランダとイタリアで視察活動を行った。ADOデン・ハーグでリーグ戦19試合に出場し、11ゴール1アシストと好調を維持するFWハーフナー・マイクについては、これまでも映像で試合を見ていたことやコーチが視察していたことを強調しつつ、今回初めて実際にプレーを見たという。

 ローダJC戦では先発フル出場しながらも無得点に終わったが、試合後には本人と直接会って話をしたようで「彼の向上心、そして代表に対する気持ちを確認できました」と同選手が代表復帰に意欲を見せていると話した。「もちろんポジションは誰にも約束されてないので競争はありますが、マイク選手の高さを活かせれば、代表にとっても新しいオプションになるので、今後のチャンスをモノにしてほしい」と今後の活躍次第では2014年10月以来の招集も十分にあることを示唆した。

 また、7日はオランダからイタリアへ移動し、セリエA第24節のミラン対ウディネーゼ戦を視察。先発フル出場したFW本田圭佑のプレーをその目で確認した。また、インテルのDF長友佑都のプレーもテレビで観戦し、その後は両選手と夕食をともにしたという。

 日本代表の中心を担う本田と長友については「経験のある彼らとチームの次のステップに向けての良いコミュニケーションが取れて満足しています」と有意義な話し合いができたことを明かした。

 なお、ハリルホジッチ監督は引き続きヨーロッパに残り、日本人選手の視察活動を続ける。日本代表は2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選で3月24日にアフガニスタン代表、同29日にシリア代表との対戦を控えている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る