サッカーゲームキングジャック6月号
2016.02.01

MF矢島、リオへの課題は“全部”「去年以上に数字と内容にこだわる」

植田直通
羽田空港に到着した植田(左)と矢島(右)[写真]=足立雅史
サッカー総合情報サイト

 1月31日、AFC U-23選手権カタール2016を優勝したU-23日本代表が帰国。DF植田直通とMF矢島慎也が羽田空港で取材に応えた。

 1-0で勝利を収めた初戦の北朝鮮戦で決勝点を挙げた植田は、「最初の試合もみんな緊張していましたし、プレッシャーも感じていたと思います。僕自身は、『必ず取ってやろう』と思っていた」と振り返り、「一試合一試合やるごとに、すごくみんな成長して、課題を克服しつつ。毎試合出た課題を修正できたことが大きなことだと思いますし、一体感が生まれたと思います」と大会を総括した。

 決勝の韓国戦で同点ゴールを決めた矢島は、グループステージ第2戦のタイ戦と合わせてヘディングで2得点。「2点、ヘディングで取れたというのは、自分にとって珍しいことだし、あまり機会のないことだった。こういう点が増えればバリエーションが増えていいと思います」とコメントした。

 リオデジャネイロ・オリンピックへ向けては「言ってしまえば全部」が課題だと指摘。「五輪のメンバー争いも激しくなるので、そこで違いを見せていかないといけない」と18名のメンバー入りへ意気込みを明かし、「今年は去年以上に数字と内容にこだわりたいです。自分で数字は決めていないですけど、大事なところで点を取れる選手になりたいです」と今季の目標を口にした。

 今夏に行われるリオ五輪は、8月4日にグループステージが開幕し、20日に決勝が行われる。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
28pt
鹿島
27pt
浦和
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
29pt
岡山
25pt
町田
25pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
20pt
相模原
18pt
琉球
18pt
Jリーグ順位をもっと見る