2016.01.31

五輪へ向けた競争が始まる…岩波拓也「アピールし直さないと」

岩波拓也
表彰式で喜ぶ岩波拓也(中央右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)決勝が30日に行われ、U-23日本代表とU-23韓国代表が対戦。日本が0-2から逆転を果たし、3-2で勝利を収めて優勝を決めた。

 フル出場で勝利に貢献したヴィッセル神戸DF岩波拓也が試合後、記者団の取材に応じた。

 岩波は準決勝イラク戦で先発メンバーから外れ、ピッチに立つことができなかった。悔しさがあったか問われると、「そうですね。もちろん試合に出られなかった悔しさはありましたし、相手が韓国だったので『負けたくない』という気持ちがすごくありました」と、心情を吐露。「韓国と戦う時は、それくらいのプライドがないと勝てないということは分かっていたので、本当に2失点はもったいなかったし、自分がそこで防げなかったのは悔しいですけど」と、2失点を悔やみつつ、「チームが勝ったことが一番ですし、見えた課題はJリーグに帰って、もう1回うまくなりたいと思います」と、今後の成長を誓った。

 大会を優勝という結果で終え、岩波は嬉しさと向上心の入り混じった思いを口にする。「もちろんオリンピック(出場)が決定して、優勝もして、嬉しさがほとんどですけど、その中にも悔しさや課題があるし、まだまだ足りないと思うので、純粋にこの大会を終えて“うまくなりたい”という気持ちでいっぱいです」と、話していた。

 決勝での自身のプレーについては「もちろん、球際や競り合いで勝てた部分は多かったし、試合に勝てたこと自体は納得していますけど、あの失点ももう少し、自分がなんとかできたんじゃないかと思います。あれはカバーに回ろうという部分での判断ミスだったし、難しいところですけど、細かいところはこういう舞台でしか経験できないと思います。小さな課題はたくさんあったし、良い勉強になった韓国戦でした」と、冷静に振り返っていた。

 今大会が始まる前には「最終予選しか見ていない」と話していた岩波。オリンピック出場権を獲得した今、視線は本大会へと向いている。

「まずはもう1回、アピールし直さないといけない部分から始まりますけど、オリンピックは1回しかないので、スタート(先発)で出たいです。そのための競争がJリーグであるので、まずはそこで勝ちたいと思います。世界を経験できるかできないかは差が出るので、チームとしてはもちろんですけど、個人としてもアピールしないといけない大会。あと数カ月しかないですけど、良い準備をしたいと思います。今回はセンターバックが3人(試合に)出ましたけど、良い競争ができていると思いますし、負けられないです。まずはそこかなと思います」

 最後に岩波は、優勝を果たした気持ちを問われ、「国際舞台の優勝はなかったし、自分のサッカー人生で初めてだったので嬉しいです。でも、今日は前線の選手に感謝したいと思います」と、チームメイトへの感謝を口にしていた。

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る