2016.01.27

C大阪の先輩から受けた刺激…南野、リオ五輪で「メダルを獲りたい」

南野拓実
イラク戦にフル出場した南野拓実(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準決勝が26日に行われ、U-23日本代表とU-23イラク代表が対戦。日本が2-1で勝利を収めて決勝進出、2位以内を確定させ、6大会連続の五輪出場を決めた。ザルツブルクMF南野拓実が、試合後に記者団の取材に応じた。

 フル出場で勝利に貢献した南野は「良かったです。チームが勝つことが全てなので。(五輪出場を)決めることができて」と、喜びの第一声。先発出場を知ったのは試合当日の朝だったことを明かし、「やりにくさはない」と前置きしたうえで、手倉森誠監督の選手起用に関するマネジメントについて「僕はそういうことを言う立場ではないけど、みんなに(出場の)可能性があると感じる。選手にとって良いことだと思う。みんなが良い準備をしているし、僕たち選手としては“誰が出てもできる”ということを示せたと思う。ネガティブな要素はないですね」と、話した。

 先制した後、前半終了間際に同点に追いつかれた試合展開については「失点してから、後半はうまく我慢できたと思う」と振り返った南野は、自身の出来について問われると「試合を重ねるごとに個人的には良くなっていると思うし、こういう大一番で90分(試合に)出られたことに満足というか…満足はしていないけど、一つ、達成感はある。でも、その中でゴールやアシストという結果を求めていきたい」と、さらなる向上を誓った。

 日本は6大会連続での五輪出場を決めた。来年に控える本大会に向けて、南野は「オリンピックは人生で1回だし、出たい気持ちはあります」と出場へ意欲を示し、「(ベスト8に終わった2011年の)U-17ワールドカップ云々というよりは、前回の(ロンドン)オリンピックにセレッソの先輩たちがたくさん出ていたので、そのときの4位という順位を越えたいという思いのほうが強いです」と、メダル獲得への思いを明かした。セレッソ大阪(当時)のチームメイトから「4位と3位、メダルがあるかないかは全然違う」という話を聞いたという南野は「だからこそ、メダルを獲りたいという気持ちがあります」と話した。

 日本は30日の決勝で、U-23韓国代表と対戦する。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る