2016.01.27

五輪出場を喜ぶ久保裕也、視線は決勝へ「優勝と2位は全然違う」

久保裕也
先制点を挙げ、鈴木武蔵(右)と喜ぶ久保裕也 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準決勝が26日に行われ、U-23日本代表とU-23イラク代表が対戦。日本が2-1で勝利を収めて決勝進出、2位以内を確定させ、6大会連続の五輪出場を決めた。先制点を挙げたヤング・ボーイズFW久保裕也が、試合後に記者団の取材に応じた。

 久保は自身のゴールと勝利の感想を聞かれ、「リオ(五輪行き)を決めたことが一番嬉しいです。最高ですね」と、喜びの第一声。「ただ、(手倉森誠)監督が言っていた通り、優勝が今大会の目標。しっかり最後に勝ちたい。優勝と2位では全然違うと思うので、準備をしていきたい」と、視線を30日の決勝へと向けていた。

 自身が挙げた先制点の場面については「(FW鈴木武蔵からのパスが)絶対に来ると思っていたし、うまく走りこめた。(あとはボールに)合わせるだけでした」と振り返り、「(安堵感よりも)嬉しさのほうが大きかった」と、ゴール後の心境を語った。

 同試合で決勝点を挙げた川崎フロンターレMF原川力は、久保にとっては小学生の頃からの付き合い。五輪出場を懸けた試合で“アベックゴール”が決まり、久保は「すごく嬉しい。嬉しいの一言です」と喜びを語り、「すごく変な感覚はするけど、やっていて楽しいです。やりがいはあります」と、U-23代表での共演について心境を語った。

 日本は30日の決勝で、U-23韓国代表と対戦する。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る