2016.01.23

全10得点を8選手で記録…大島僚太「個々の勢いを還元できている」

サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝が22日に行われ、U-23日本代表とU-23イラン代表が対戦。日本が3-0で勝利を収め、ベスト4進出を果たした。試合後、川崎フロンターレMF大島僚太が記者団の取材に応じ、勝利を振り返った。

 延長後半の終了間際に途中出場した大島は、「『(試合を)締めてね』という感じだった。急だったからびっくりしたけど、『締めて』ということだけだった」と、ピッチに立つ前に受けた指示を明かした。

 今大会、4試合で10得点を挙げている日本。得点を記録したのは8選手で、日替わりヒーローが誕生している状況だ。大島は「今日はトヨ(豊川雄太)がヒーローになって、(中島)翔哉も2点を取って、毎回違う選手が点を取っている。チームとしてもそうですし、個人個人も勢いに乗れる分、チームにうまく還元できていると思う」と、手応えを口にしていた。

 準々決勝の壁を突破し、オリンピック出場権獲得まで1勝に迫った。大島は「絶対にどこかで延長戦だったり、PK戦だったりが来るのかなと思っていたら、いきなり(延長戦が)来た。それでもPK戦まで行かずに、延長で決着をつけられたのは大きい。疲れていたと思うけど、みんな、最後まで走れていたと思うし、『やられることはないな』とベンチでも話していた」と言う。

 次戦は26日、UAEとイラクの勝者と対戦する準決勝だ。大島は「常に良い準備をするだけですかね、自分は」と話し、「ゴール後にベンチに行くのは決まり事なのか」と問われると、「そうなっていますかね。ある程度。そういう空気にはなっていますね」と、チームの一体感の高まりを口にした。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
16pt
浦和
16pt
鳥栖
14pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る