EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.23

イラン撃破の要因は…主将MF遠藤航「我慢比べに勝てたことが大きい」

506231720
決勝点の豊川(中央)を祝福する遠藤(3番) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝が22日に行われ、U-23日本代表とU-23イラン代表が対戦。日本が3-0で勝利を収め、ベスト4進出を果たした。試合後、浦和レッズMF遠藤航が記者団の取材に応じ、勝利を振り返った。

 遠藤は試合内容を振り返って「結構、相手の時間帯が長くて、我慢する時間帯になってしまったけど(イランが)勢いを持ってくるのはわかっていたので、失点をしないことだけを考えてやった」と話し、「その結果、延長で相手(の運動量)は落ちたし、スペースがあったので、トヨ(豊川雄太)のゴールから(中島)翔哉の2点という形だったけど、(イランの運動量が落ちるという)予想も含めて我慢比べに勝てたのが大きいですね」と、勝因を分析した。

 そして「展開としては苦しかったけど、失点をしなかったのは自信になったと思う。『我慢をしていれば、チャンスが来る』というところは、また1つゲームプランになるというか、こういう戦いもあると思えた。途中出場の選手が結果を残せたことも良かったと思います」と、収穫を口にした。

「我慢比べ」に勝ったことを勝因と話す遠藤。それでも、イランのペースが予想よりも落ちなかったことも明かす。

「どちらかというと後半勝負のところで、もっと(スペースが)空いてくるのかなと思っていたら、空いてこなかった。延長でようやく落ちた感じになったけど、90分間を戦う中で相手が落ちなくても、自分たちが攻撃で良いアクセントを付けてボールを動かすとか、チャンスを作っていくというところは、みんなが課題に思っているところだと思う」

 遠藤は次戦以降への課題も口にして、さらなる向上を誓った。日本は26日に行われる準決勝で、UAEとイラクの勝者と対戦する。

Pickup

Jリーグ順位ランキング

鹿島
39pt
川崎F
38pt
浦和
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
42pt
C大阪
40pt
松本
38pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
栃木
27pt
大分
26pt
Jリーグ順位をもっと見る