2016.01.20

セルジオ氏、U23代表へ檄「しがみついてでも五輪へ」「個人はA代表へのサバイバル」

大島僚太
大島僚太(左2番目)の先制点を喜ぶ日本代表 [写真]=Getty Images
日本サッカー界のご意見番。

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第3戦が19日に行われ、U-23日本代表とU-23サウジアラビア代表が対戦。日本が大島僚太と井手口陽介の得点で2-1と勝利し、3連勝でグループリーグ突破を決めた。

 サウジアラビア戦後、『サッカーキング』ではサッカー解説者のセルジオ越後さんにグループリーグ3試合を振り返ってもらうとともに、決勝トーナメントについて話を聞いた。

「大関のサッカーだったね。横綱とは言えない。結果的にこのグループで一番の強敵となった初戦の北朝鮮戦に勝てたことがすべて。負け試合だった内容を勝利できたことがその後を楽にしたよ」

「3試合とも先制点を取れたことが大きかったね。先制したことでカウンターを狙う形がハマり、途中投入の選手も活躍することができた。手倉森監督は魅せるサッカーが得意な指揮官ではない。名を捨てて実を取るタイプ。指揮官が得意とする展開に持ち込めたことが結果につながったよ」

「この3試合は初戦を勝ったことで、選手起用を楽にすることができた。メンバーを入れ替えても結果が出たね。でもこのチームを引っ張るような軸になる選手が見えない点は気になる。南野(拓実)も期待はしているが、今見せているような内容ではA代表に入っていくことはできない。チームとして五輪へのサバイバルであるが、同時に個人としてはA代表へのサバイバルとも言える。個人としてアピールできなければ、“もう”22歳になった選手たちなんだから、A代表での将来が見えてこなくなってしまう」

「決勝トーナメントで2試合勝たなければ、何の意味もない。グループリーグのように先制点を取ることが重要。勝てない相手ではない。しがみついてでもリオ五輪に出場してほしい。そうでなければ何も残せないことになってしまう」

 日本は22日に行われる準々決勝で、グループAで2位となったイランと対戦。リオ五輪出場権は上位3カ国が獲得できる。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
63pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る