2016.01.14

「耐えて勝った」初戦…白星に安堵の手倉森監督、課題は「単発な攻撃」

手倉森誠
北朝鮮戦の勝利を振り返った手倉森監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 U-23日本代表は13日、AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ初戦でU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 試合後の記者会見で、手倉森誠監督が勝利を振り返った。

 手倉森監督は「試合が終わって、勝って、本当にホッとしている」と安堵感をにじませつつ、試合内容については「早い時間帯に点を取って、意識が守備的になってしまった。初戦の難しさや緊張感がある中で、日本らしいパスワークに硬さが出てしまった試合だった」と振り返った。そして、「『耐えて勝つ』という形で辛抱させられた試合。それを為し得て勝ったということで、守備に関しては自信をもっと次に繋げていけると思う。最終的には結果が全て。勝って良かった」と話した。

 1点リード後の試合運びについて問われると「縦へ速い攻撃を心がけてきた。その中で全体の距離が遠くなり、前に行き過ぎてしまってフォローアップが遅くなって、攻撃が単発になってしまった。修正しないといけない。前線への距離を縮めるために、(ボールを)持ち出していく作業が課題になった」と、問題点を指摘。「90分を通して緊張感は抜けなかったと思う。選手たちは勝つことに対して、最後まで緊張感を持って戦っていた」と述べた。

 また、選手起用については、「遠藤(航)はトレーニングマッチをしていなかった。(最終予選の)6試合を考えると、まず初戦でゲーム感覚を戻してほしいと考えて起用した。ただ、攻撃の面では彼らしさ、ゲーム感覚が戻っていなかった」と、MF遠藤について言及。3選手の交代策の意図を問われると、「まず、南野(拓実)を代えた。彼らしいプレーができていない中で、自分としては長く引っ張ったつもり。これからの試合に向けて、という意味で悪いなりに60分まで引っ張った。(次に代えた)大島(僚太)も彼本来の力を出せずにいたので(代えた)。南野より15分長く残したのは、悪いなりに守備では働いていたから。(南野に代えた)矢島(慎也)で少し逃げるところを増やしたかったし、(大島に代わった)原川(力)でもっとボールを動かしたかった。彼らが入って、少しだけ日本らしいボールの動かし方ができるようになった。最後に代えた久保は疲れが見えてきていたので、そうではない中島(翔哉)を(中央のポジションへ)残して、(中島のいた左サイドに)豊川(雄太)を入れた。試合の内容としては、うまく逃げ切れたとも言えるが、相手のミスにも助けられた。最後に入った元気の良い選手たちが、アディショナルタイムでFKとCKを与えた点も修正しないといけないと思っている」と、話した。

 U-23日本代表は次戦、16日にU-23タイ代表と対戦する。

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る