2016.01.14

緊張で「体が動かない」…MF大島は初戦白星に安堵「ホッとした」

504770074
北朝鮮を破ったU-23日本代表(大島は前列中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 U-23日本代表は13日、AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ初戦でU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

 同試合に先発出場して勝利に貢献した川崎フロンターレMF大島僚太は、1-0というスコアについて「もちろん攻撃の面で、うまくカウンターがハマったり(相手を)崩すことができれば理想的で、もう少しチャンスを作りたかったという思いはあります」と振り返り、無失点の要因を「ある程度、ミーティングもしていましたし、みんなが体を張って守っていたのかなと思います。FWもすごく守備をしてくれて、すごく助かりました」と、話した。

 また、試合前のミーティングについては「うーん、(監督は)結構、誇りと責任という言葉を口にしますけど、『今日は楽しもう』ということはすごく(言われていた)。あとは…あまり耳に入ってこないぐらい、緊張していました」と言い、「(緊張は)多少していたと思います。『体が動かないな』って思いました」と、緊張を感じていたことを明かしている。

 さらに、セカンドボールを拾えずに北朝鮮に押し込まれる展開となった点については、「『やばい』と思わないように、ということはありましたし、そんなに厳しいとは思っていなかったですね。ただ、なかなか攻めることができないと思いながらプレーしていました」と振り返り、最後に「ホッとしました」と、安堵感をにじませていた。

 U-23日本代表は次戦、16日にU-23タイ代表と対戦する。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
34pt
神戸
29pt
川崎F
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る