EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.14

主将MF遠藤航、内容に不満も勝利に安堵…次戦は「3点取れば楽に」

遠藤航
北朝鮮戦にフル出場したMF遠藤航(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 U-23日本代表は、13日に行われたAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)のグループステージ初戦でU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。試合後、U-23日本代表の主将を務めるMF遠藤航がインタビューに応じた。

 フル出場を遂げた遠藤は「内容は満足していないです」と述べるも、「初戦は勝つことが大事だった。後ろはしっかりゼロで抑えるということを皆が意識して、しっかり体を張れて守れたので、そこは良かったと思います」と安堵感を示した。

 試合は、開始5分に右CKからファーサイドのDF植田直通が右足ボレーを突き刺し、先制に成功。「セットプレーは大事にしていた部分でもあったので、それで取れたのは大きかったと思います」と、狙い通りの先制点に満足した。一方で、「ちょっとミスが多かった」と振り返る後半については、「最後シュートで終わったりとか、そういうシーンを増やせれば良かったと思います」と主張した。

 北朝鮮のロングボールについては「予想もしてましたし、そういう練習もしてました」とコメント。「できればもうちょっとラインを高くできれば良かったと思いますけど。まぁ悪くはなかったと思います」と明かした。

 次節は16日。日本はU-23タイ代表と対戦する。同選手は、「勝ちに行くだけ。次はしっかり点を1点目2点目と取って、3点目を取れば楽になると思うので、そういうゲーム展開にできるように頑張りたいです」と意気込みを語っている。

Jリーグ順位ランキング

鹿島
39pt
川崎F
38pt
浦和
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
42pt
C大阪
40pt
松本
38pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
栃木
27pt
大分
26pt
Jリーグ順位をもっと見る