2015.12.11

広島MF野津田、負傷でリオ五輪最終予選出場が絶望的に…柴崎は全治3週間

柴崎晃誠
オークランド・シティ戦で負傷した柴崎 [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は11日、FIFAクラブワールドカップのオークランド・シティ戦で負傷した2選手の診断結果を発表した。

 10日に行われた同試合で先発するも14分に負傷交代したMF野津田岳人は、右ひざ内側側副じん帯損傷と診断されて全治8週間。また、野津田との交代で投入されたMF柴崎晃誠も後半に入った53分に負傷で交代。柴崎は左ひざ後十字じん帯不全損傷と診断され、全治3週間と発表された。

 診断結果により、20日までの日程で開催されるクラブW杯から両選手が離脱することが決定的になるとともに、野津田は2016年1月12日からカタールにて行われるリオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権2016の欠場も濃厚となった。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る