2015.12.11

広島MF野津田、負傷でリオ五輪最終予選出場が絶望的に…柴崎は全治3週間

柴崎晃誠
オークランド・シティ戦で負傷した柴崎 [写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は11日、FIFAクラブワールドカップのオークランド・シティ戦で負傷した2選手の診断結果を発表した。

 10日に行われた同試合で先発するも14分に負傷交代したMF野津田岳人は、右ひざ内側側副じん帯損傷と診断されて全治8週間。また、野津田との交代で投入されたMF柴崎晃誠も後半に入った53分に負傷で交代。柴崎は左ひざ後十字じん帯不全損傷と診断され、全治3週間と発表された。

 診断結果により、20日までの日程で開催されるクラブW杯から両選手が離脱することが決定的になるとともに、野津田は2016年1月12日からカタールにて行われるリオデジャネイロ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権2016の欠場も濃厚となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る