サッカーゲームキングジャック6月号
2015.11.18

不満のハリル、アジア各国にも苦言「発展させたければ攻撃すべき」

ハリルホジッチ
カンボジア戦に臨んだ日本代表のハリルホジッチ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は、17日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選でカンボジア代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が会見に応じている。

 前半苦戦を強いられた日本はスコアレスで折り返すと、47分にFW岡崎慎司がPKのチャンスを逃したものの、51分にMF柏木陽介のFKから相手のオウンゴールを誘い先制に成功。その後、なかなか追加点が奪えなかったが途中出場のMF本田圭佑が終了間際の90分にヘディングシュートでチームに2点目をもたらし、年内最終戦を白星で締めくくった。

「まず勝利はできた。後半はよくなったが、しかし前半はまったく満足していない」と不満を露わにしたハリルホジッチ監督は、「いろんな選手をトライし、補完関係のない選手を使ったのは私の責任だ。そのため前半は少し混乱が起きた。後半はかなりよくなったが、いつもどおり多くのチャンスを作ったが2点しか取れなかった。選手には祝福しないといけないが、日本代表はもっとよくならないといけない」と、選手起用に関して自身の責任を認めたうえで、日本には成長が必要だと強調した。

 一方、「みんなもご覧になったように、彼が入っただけでゴールに近づくこともできたし、PKも得ることができた。柏木は後ろからの組み立てで必ず必要な選手だし、ダイヤゴナルのパスが入ったし、相手の背後にもパスを送ることができた。彼を呼んだ時には最初にその話をした。また彼は、前線の動き出しもできる。前線の選手たちもよいパスコースを創りだしてくれた」と後半スタートからピッチに立ち、試合の流れを変えた柏木を高く評価している。

 ハーフタイムでの指示については、「特に中盤と前線で、それぞれダイレクトに伝えたことがある。背後への動き出しとオブリックランニング(斜めの走り)をしっかりやってくれ。柏木と山口を中心にしっかりビルドアップしてくれ。(香川)真司には岡崎と違う動きをしてくれと伝えた」とそれぞれの選手に注文していたことを明かした。

 また、対戦相手には「素晴らしく戦うチーム」と賛辞を送りつつ、「守備的なチームでカウンターアタックを仕掛けてくるチームだ。ただ、これはアジアの監督たちへのメッセージなのだが、毎試合このようなプレーをすると向上しない。チームを発展させたいのであれば、勇気をもって前への攻撃をするべきだ。おそらくそれが原因で、アジアは低い地位にとどまっているのだと思う」と述べ、チーム全体で守ろうとするアジア各国の戦術に苦言を呈している。

「この2試合で18人から19人の選手を使った」と話すように、今回のアウェー2連戦では新戦力を含むさまざまな組み合わせでメンバーを組んだハリルホジッチ監督。「これはまれなことだし、おそらくみなさんも初めて見た現象だと思う。リスクはあったが、なぜこれをやらなければならないかについては理解している。A代表でどういう振る舞いをするのか。彼らには、自分たちのクラブとはまったく異なることを要求している」とその理由を説明すると、「もちろん、オートマティックやビルドアップでは、常にハイレベルなものができるわけではないが、何人かの選手にはもっとやってほしかった」と数人の選手が自身の要求を満たしていないと述べている。

 そして、年内最終戦を美しく締めくくりたいと話していたことに関しては、「一応勝った。もう少し点は取れたと思う」と話すに留まった。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
28pt
鹿島
27pt
浦和
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
32pt
町田
28pt
C大阪
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
20pt
相模原
18pt
琉球
18pt
Jリーグ順位をもっと見る