2015.11.13

日本代表勝利にセルジオ越後氏「レベル差は激しかった。後半は失速した」

日本代表
シンガポール代表(手前)と日本代表(奥) [写真]=兼子愼一郎
日本サッカー界のご意見番。

 日本代表は、12日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選でシンガポール代表とアウェーで対戦。前半に金崎夢生と本田圭佑、後半には吉田麻也が得点し、3-0で勝利を収めた。

 試合後、『サッカーキング』ではサッカー解説者のセルジオ越後氏に話を聞き、試合を振り返ってもらった。

「初戦にホームで0-0と引き分けたから、妙な雰囲気になってしまったけど、もともとは勝って当たり前の相手。レベルの差は激しかったよ。日本は前回対戦した時に無得点だったからなのか、早めに点を取ろうとした意識が高かったね。でもその分、後半に失速してしまった。足が止まっていたし、前半に2点が取れていてよかったとも言えるね」

「両サイドの出来は相変わらずよくない。クロスの質が低く、ゴール前を固める相手を攻めるための貢献度もないと言っていい内容だった。シンガポールは日本をリスペクトしているから全員が引いて、日本のCBはボランチのような位置取りだった。つまり、柏木(陽介)はボランチが本来する位置取りよりも前で、さらに相手が引いてプレッシャーをかけてこないから、フリーで高い位置でゴールを向けてプレーできていた。だから目立っていたね」

「とにかく選手の疲れが目立った。先発をいつもとは何人か変えていたが、ハリルホジッチ監督は今回の連戦は2試合トータルでターンオーバーをして、ということなんだろう。海外組は疲れていたね」

「2次予選のレベルの相手とは、本当にチームが強化できているかはわからない。勝ち点3をとることだけが大事な試合だ。だから金崎(夢生)もチャンスをもらって点をとったことはよかったが、周囲はそれで手放しで評価するようではダメだ。対等、強い相手とやらないと判断はできない。監督も日程のことをかなり言って、Jリーグも日程調整をするという話もあるが、最終的には試合でどういった相手とやれるかが大切。マッチメイクを2016年はしっかりとしてほしい」

「(17日の)カンボジアでは今日の先発ではなかった香川(真司)や岡崎(慎司)、槙野(智章)とかがスタメンに出るのではないか。南野(拓実)や遠藤(航)もスタメンで使ってほしいね」

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る