2015.01.23

準々決勝敗退の日本、アジア杯連覇ならずコンフェデ杯出場権も逃す

日本代表
PK戦の末、UAE代表に敗戦した日本代表 [写真]=Getty Images

 日本代表は、23日に行われたAFCアジアカップ オーストラリア2015の準々決勝でUAE代表と対戦。前半の立ち上がりに失点を許した日本は、81分にMF柴崎岳が同点ゴールを決めるも、その後は延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に敗戦した。

 1996年の第11回大会以来、5大会ぶりに準々決勝で敗退となった日本は、アジアカップの優勝国に与えられるFIFAコンフェデレーションズカップの出場権を逃した。

 コンフェデレーションズカップは、各大陸選手権の優勝国に加え、ワールドカップのホスト国、そして招待国が参加し、ワールドカップの前年に開催される。2018年にはロシア・ワールドカップが決まっているため、今回のアジアカップ優勝国は、2017年にロシアで行われるコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。

 なお、2011年にカタールで開催された前回のアジアカップで優勝した日本代表は、2013年にブラジルで行われたコンフェデレーションズカップに参加したが、3連敗でグループリーグ敗退となっていた。

Jリーグ順位表

C大阪
41pt
鹿島アントラーズ
37pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
47pt
福岡
46pt
徳島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る