EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2014.10.14

圧巻ネイマール、貫録の4得点で日本沈める…ブラジルが完勝

ネイマール
日本のセットプレーの場面で味方に指示を出すネイマール [写真]=Getty Images

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦した。

 シンガポールでの開催となった同試合で、日本は10日に行われたジャマイカ戦からスタメン6人を変更。GK川島永嗣、DFラインは太田宏介、塩谷司、森重真人、酒井高徳が並び、中盤は田口泰士、森岡亮太、柴崎岳で構成。前線は田中順也、岡崎慎司、小林悠となり、本田圭佑や長友佑都といった面々はベンチスタートとなった。

 一方のブラジルは11日に中国で開催されたアルゼンチン戦で負傷したダヴィド・ルイスがジルに代わった以外は、同じメンバーが先発となり、ネイマールやオスカルらがスタメンとなった。

 ブラジルは序盤、縦に速く攻め、日本はブロックを作る展開に。17分にブラジルはゴール正面左の位置でFKを獲得するとネイマールが直接狙ったが、カーブのかかったボールは左ポストをヒットし、得点ならず。しかし直後の18分、ジエゴ・タルデッリのスルーパスに抜け出したネイマールが、GK川島との1対1からコースを作ってシュートを決め、先制する。

 ネイマールは21分にも、左サイドでボールを受けると、ドリブルで塩谷を振り切ってエリア左の角度のない位置からシュート。これはゴール右へそれた。日本も23分、左サイドからの太田のクロスが、ファーサイドの小林まで流れると、左足のダイレクトボレー。しかし、わずかに枠を外れた。

 ボールを回される時間が続くようになった日本は、35分に酒井の右クロスを岡崎がヘディングで合わせたが、ゴール左へそれた。前半終了間際にはセットプレーの流れから、こぼれ球を塩谷がシュートする場面もあったが、ミートできず。前半はブラジルの1点リードで終える。

 ハーフタイムに日本は森岡を下げ、本田を投入。ブラジルは3選手を交代し、ダニーロ、オスカル、ウィリアンが下がり、マリオ・フェルナンデス、フェリペ・コウチーニョ、エベルトン・リベイロが入った。

 立ち上がりの48分、ブラジルは高い位置でボールを奪ったコウチーニョのスルーパスに抜け出したネイマールがGK川島との1対1を冷静に制して、追加点を獲得。直後に日本は2枚目のカードとして小林を下げ、武藤嘉紀を投入した。

 54分、ブラジルは右CKをネイマールが蹴ると、ファーサイドまでボールが流れ、ミランダがワントラップからシュートしたが、GK川島が好反応を見せる。直後に日本は田中順也の浮き球のスルーパスを、エリア内右の角度が無い位置で受けた岡崎が右足を振り抜いたが、ニアサイドのポスト外側を直撃した。

 ブラジルは59分、またも高い位置でコウチーニョがボールをカットすると、右サイドのエベルトン・リベイロへ。左サイドでフリーのネイマールへラストパスが渡り、決定機となったが、シュートはわずかにポストの左へ外れた。62分にもネイマールからのパスをゴール左の位置で受けたコウチーニョが狙うが、こちらもポスト右へ。

 65分にブラジルはジエゴ・タルデッリを下げてロビーニョが入る。2分後、日本は武藤が左サイドでボールをキープし、クロスに本田が飛び込むも、フィリペ・ルイスがカット。直後にはブラジルがまたもネイマールのボールキープからスルーパスをロビーニョがシュートする場面があったが、これも枠外。日本は田中に代わって細貝萌を投入する。

 ブラジルはルイス・グスタヴォとエリアスに代え、ソウザとカカを相次いで投入。77分、ネイマールの右クロスをカカがヘディングシュートすると、これはクロスバーを直撃したが、こぼれ球からコウチーニョのシュートを川島が弾き、ネイマールが押し込んでハットトリックを達成する。

 止まらないネイマールは81分にもロビーニョ、カカとつなぎ、左クロスを頭で合わせて、4点目。89分に日本は太田のクロスを途中出場の柿谷曜一朗がヘディングシュートしたが、GKジェフェルソンが好守で得点を許さず。貫録のパフォーマンスを見せつけたネイマールのゴールショーにより、ブラジルが4-0で勝利した。

 日本代表は11月14日にホンジュラス代表、18日にオーストラリア代表と国内で対戦し、来年1月のアジアカップに臨む。

【スコア】
日本 0-4 ブラジル

【得点者】
0-1 18分 ネイマール(ブラジル)
0-2 48分 ネイマール(ブラジル)
0-3 77分 ネイマール(ブラジル)
0-4 81分 ネイマール(ブラジル)

Pickup

Jリーグ順位ランキング

鹿島
39pt
川崎F
38pt
浦和
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
42pt
C大阪
40pt
松本
38pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
栃木
27pt
大分
26pt
Jリーグ順位をもっと見る