2014.06.25

白星なしでGL敗退…本田圭佑「自分たちが未熟すぎた結果」

本田圭佑
本田圭佑がブラジルW杯を振り返った [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループCでは日本代表とコロンビア代表が対戦。日本は1-4で敗れ、1分け2敗の勝ち点1でグループリーグ敗退が決まった。

 試合後、本田圭佑が以下のように敗戦を振り返った。

 本田は、試合終了時の心境を問われ、「そうですね…。無念の一言です。それを招いたのは自分自身なので、全てを受け入れるしかないと思います」と、言葉を絞り出した。「非常に悔しいですけど、これが現実ですし『(目標は)優勝』とまで言って、この散々な結果ですから、自分たちが未熟すぎた結果なわけですから。全てを受け入れて、今後どうしていくか、少し時間を空けたいと思います」と、話した。

 そして、「敗者なので何を言っても意味がない、受け入れるしかない」と、話したうえで、「希望を最後まで見せたかった、口だけで終わってしまって残念で、本当に申し訳ない」と、サポーターに向けてコメントした。最後に、今後について問われると、「勘弁してください」と、悔しさを滲ませていた。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る