2014.06.20

攻守に奮闘した内田篤人「全員で勝ちに行ったけど、悔しい戦いに」

内田篤人
内田篤人がギリシャ戦を振り返った [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。

 試合後、日本代表DF内田篤人は、「チーム全員で勝ちに行ったんですけど、なかなかゴールを割れずに悔しい戦いになりました」と、コメント。前半途中で数的優位に立ちながら無得点に終わった要因について、「ギリシャも本当に堅いチームで、失点を防ぐのが得意なチームなので。(人数が)11対10でしたけど、向こうも本当に良くがんばっていましたし、僕たちもゴールを割ろうとがんばっていたんですけど、なかなか難しい試合でした」と、話した。

 そして、右サイドで縦関係のポジションに入ったFW大久保嘉人について、「嘉人さんは一対一で突破できる選手なので、うまくサポートしながら、なるべく守備の負担は減らして、縦の関係でうまく崩せればと思っていました」と、話し、「個人としてもチームとしても惜しいシーンはありましたけど、ゴールを割れないというのはね。やっぱり、サッカーは点を取って守るゲームなので、最後のところは一番大事かなと思います」と、語った。

 グループリーグ第3節に向けては、「日本でも一生懸命応援してくれている人もいるし、僕たちが代表としてピッチに立つ以上は絶対に諦めてはいけない」と、コメントした。

 日本の第3節は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
10pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
ビルバオ
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
ローマ
10pt
欧州順位をもっと見る