2014.03.06

本職でフル出場の本田「俺はトップ下のDNAを持っている。自分の家みたいなもの」

本田圭佑
ニュージーランド戦にフル出場した本田 [写真]=Getty Images

 5日、「キリンチャレンジカップ2014」が行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦。日本は開始17分までに岡崎慎司の2得点、香川真司、森重真人のゴールで4点を奪ったが、その後はニュージーランドに2点を奪われ、4-2で勝利したものの、試合運びに課題を残す結果となった。

 試合後、フル出場した日本代表MF本田圭佑は、以下のようにコメントしている。

―今日の出来は?

「まぁ、良いことを話す必要はないと思っているので、ここでは。特に今日4点というところも。それよりも2失点目とか。あとはシンプルにカウンターを仕掛けてくる相手に対しての対策。センタリング上げられた時にちょっと嫌な雰囲気が出たりするのを、もうちょっと回数を減らしたいなとか。その辺にもうちょっとフォーカスして、一人一人の選手が。結局はチームとして対応はできたかもしれないですけど、例えば2失点目はファール気味に押されているけど、あれで点を取られてしまったら1点になるわけで。どれだけ良いプレッシャーをかけても、あそこを一発で行かれると、それで試合に負けてしまうこともあるというのは…。もうちょっと、確率論ですけど、その確率を下げる作業は一人一人必要なのかなと。僕だったらもうちょっと寄せられたり、とか。

―攻撃面は?

「結構いろいろな選手がここまで出られるとは想定していなかったので。僕はベラルーシみたいに、何やったら今日は、前半引き分けるようなことがあれば、負ける可能性もある相手だと思っていたから。そういう意識で入ったことが、逆に良かったかもしれないですね。ベラルーシくらい固めてきたら、どうやって点を取ろうかなとちょっと悩みながら試合に入ったくらいなので。結果、そんなに固めてこなかったというか」

―4点取った後が、逆に難しくなった?
「6点、7点、8点取れれば、それはいいんでしょうけど。普通に考えれば、4点入ればある程度、サッカーの仕方を変えてもいいと思うし。でもそれは5点目、6点目の必要がないと言っているわけではなくて。実際、取りに行こうとチームとしてもしていたし。ただ、その行き方は、良いところもあれば、ちょっとマズい取られ方だなっていう場面もあったんで。そこは個人戦術だと思うんですよね。どういうパスを選択するか、とか。ちょっとやろうとし過ぎていたかもしれないですね。きれいにやろうとし過ぎていたのが、5点目を取れなかった理由かなと思います」

―個人個人はアピールしようとしていたが?

「そういうのがあると、点って入らないですよね。自分の仕事に集中したときっていうのが、一番シンプルに点が取れる。ちょっとしたことなんですけど、例えば誰かがワンタッチいつもより多く持ったとか、そういうので全て流れが変わるし、相手も戻れるし。そういうのはありましたね」

―そういう意味で展開、意味合いも含め、難しい試合だった?

「難しかったです、非常に。準備する期間がないでしょ。ただ、言い訳はできないわけですし。僕らの方がいいサッカーできたというところは良かったかなと思います。向こうに好き放題、特に前半はやらせなかったんで。その入り方、集中していたっていう。事情はいろいろあれど」

―『個』のレベルアップについては?

「『個』っていうところに関しては、全くブレていないんですけど。明日の記事で、『個』を求めないといけないと皆さんに書かれるのは本望ではないかなと思っているので。次のステップに進むようなことを、ここでは話すべきで、それを日本全体に浸透させていくべきなのかな、と思っているので、『個』はちょっと、当たり前の領域として置いておいてもらえたらなと思っています」

―今日の試合をシーズン終盤やW杯にどう活かせる?

「僕は全く別の次元の問題を今、抱えているので。ここでやっていることとは、また違うことがチームにはあるので。その壁ですね、それと向き合いながら新境地に辿り着きたいと思っています」

―自分が抱える課題と、短い期間だが代表でプレーして、クロスする部分はあったか?

「シーン的にはあるんですよ。サッカーはサッカーなんで。全くいけないということはないんで。そういうのを代表で活かすことができれば、根本的なものが、僕自身180度変わるということはないですけど、あるシーンで今後も活きるかなと思いながら、チームの方では自分の課題に取り組んでいますけど」

―いつものポジションで90分やれたから見出せた?

「俺はトップ下のDNAを持っているので、それは自然とトップ下は自分の家みたいなものですよね。心地良いわけで。それはまたちょっと別次元の話にはなるかなと思っているんですけどね。でもそういう違う環境、国でやっているわけですから、いろんな問題っていう、心地良いだけだったら、動かない方がいいわけで。心地悪さをいかにポジティブにとらえるかだと思っています」

―PKを香川真司選手が蹴ったのが、意外だったが?

「いや、意外というか、真司がファール受けた瞬間、俺の方を見て、『打たせて』と言っていたから、俺は察したよね。俺も取りたかったけど、真司のあのシーンに関しては、俺よりも蹴りたい気持ちが勝っていたのかもしれないですね。まぁ、俺はその後にチャンスがあったわけですから、そこで決めないことの方が問題でしょうね」

―同情などではないだろうが、香川選手に取ってほしい気持ちもあった?

「いや、そんな綺麗事じゃないですよ。あくまでも真司が活躍してもらわないと、ワールドカップで結果を出せないだけの話で。彼がノルことで俺に利益がもたらされるわけですから、それだけです」

欧州順位ランキング

チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
エバートン
7pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
6pt
デポルティボ
4pt
レガネス
4pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
6pt
ナポリ
4pt
ローマ
3pt
欧州順位をもっと見る