2013.10.16

ベラルーシ戦惨敗にセルジオ越後氏「ザックジャパンの限界。今こそ監督解任論を」

Belarus v Japan - International Friendly
ベラルーシ戦に臨んだ日本代表[写真]=Getty Images

 15日、日本代表がベラルーシと対戦し、0─1で敗れた。11日に0─2で敗れたセルビア戦とまったく同じメンバーでスタートした日本は、立ち上がりから優勢に進めたが、前半終了間際に強烈なミドルシュートで先制を許すと、後半もゴールを割れずにそのままタイムアップの笛を聞いた。

 試合後、サッカーキングの取材に対し解説者のセルジオ越後氏は次のように憤った。

「中3日で2連敗。これがW杯本番なら、あえなくグループステージ敗退だね。今日の試合はセルビア戦よりもひどかった。リードされている状況でFWに代えてDFを入れ、3バックにしたかと思えば、長友の負傷交代でまた4バックに戻す。ハーフナーを入れても放り込む回数が少なく、精度も低い。そして何より、前の試合に負けたことによる危機感が見えなかった。試合後の選手たちのコメントを聞いてもそう。『次選ばれるようならがんばります』と言った選手が一人でもいたのかね。修正しなきゃとか、積み上げていかないととか、自分はもう選ばれた気でいる。これは本来おかしいことだよ」

「このチームは、限界が来ている。僕は監督を代えてもいいと思っている。今代えたら時間がない、とかいう反論をよくされるが、何を言っているのかと思うよ。過去のいろいろな代表チームを見てみるといい。これはクラブじゃなくて、代表、選抜チームなんだよ」

「よその国なら、というか普通の国なら、間違いなく解任論が噴出するはずだ。第3者であるメディアはそういう世論を作り、プレッシャーをかけ、それがチームの刺激となって危機感が生まれる。日本のマスコミは甘い。ファンも甘い。イケイケドンドンの代表ビジネスをみんなで作り、臭いものには目を向けないようにしている。この2試合を見て、何も変えなくていいという人は、日本代表を本当に愛しているのか。こういう時に文句を言わずに、いつ言うのだ。これが辛口だと言われるのだったら、僕は評論家をやめるね」

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る