2013.09.04

長谷部が移籍の背景明かす「最後は意思を尊重してもらった」

長谷部誠
ニュルンベルク移籍が正式に決まった長谷部 [写真]=Getty Images

 日本代表は3日、「キリンチャレンジカップ2013」の2試合に向けた合宿2日目の練習を大阪府内で実施した。

 同日から練習に合流した長谷部誠は、ニュルンベルクへの移籍決定について、「なかなか骨の折れる作業でしたが、最後は自分の意思を尊重してもらって。そういう意味では、決まったのでスッキリしていると言えば、スッキリしている」とコメント。移籍市場終盤での新天地決定は、「移籍の話は、3週間、4週間前からずっとしてきて。でも、チームが(移籍は)ノーチャンスと言っていたので、なかなか難しかったですけど。監督ともGMとも何回も話をして、最後の最後で今までのチームに対しての働きを尊重してもらった」と交渉の裏側を明かした。

 また、「ボランチで出たいという話をして、練習からボランチでずっとやらせてもらっていたし。監督の中では3つのポジションができてそんな選手はいないから絶対残って欲しいという形で、6年間チームのためにどこのポジションでもやってきた部分はありましたけど。自分の中でそろそろ自分のわがままではないですけど、それを通してもいい時なのかなというものがやっぱりありました」と移籍の背景を説明した。

 そして、6年間在籍したヴォルフスブルクへの思いにも言及。「もちろん恩もあるし、いろんな部分はありました。一生の友人もできたし、僕が行くというときに泣いてくれた選手もいるし、そういうのは一生の宝にもなった。そういう部分で難しい決断というのはもちろんあった。ただ、彼らとは永遠の別れではないので。サッカー選手として自分の決断というのは、こういうことでした」と、説明した。

 日本代表は6日にグアテマラ代表、10日にガーナ代表とそれぞれ対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る