2013.07.22

福島県初の日本代表MF高萩「思いを届けられたらと常に思っている」

 日本代表は21日、韓国で行われているEAFF東アジアカップ2013の初戦で中国代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 試合から一夜明け、日本代表はソウル郊外のパジュにあるナショナルフットボールセンターで1時間程度の軽い調整を行った。

 練習後、高萩洋次郎は以下のようにコメントしている。

―サンフレッチェ広島では自由に動いて裏にも飛び出したりしているが?
「自由さはあまり変わらないと思いますけど、探り探りだったので。その部分は徐々によくなってきた感じですけど、人数が広島の場合はもう1人、前にいるので、攻撃のバリエーションはあるかなと思います。そこをトップ下の1人が入ったところでその分、スペースがあるし、タイミングよくボールを受けたり、サポートに行ければスペースがあるので、チャンスは作れるかなとは思います」

―攻撃の人数が広島より1人少ないのは大変だと思ったのか?
「相手のマークがいない分、相手も1人分スペースがあるので、そこのスペースを使えればチャンスが作れるかなというのはあります」

―福島県初の代表選手だが?
「地元の小学校の監督がみんなを集めて試合見たり、パブリックビューイングじゃないですけど、そういう感じで見てくれた話は聞いたし、地元の友達の同級生とかサッカー部のOBで集まって試合見たという連絡が来たので、そういう反応はある。やっぱりまだ被災地でもあるので、そういうところにいろいろな意味で何か思いを届けられたらいいなと常に思っています」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る