2012.10.13

日本代表、香川の劇的な決勝点でフランスから歴史的勝利

再三フランスを脅かした長友

 日本代表は12日、敵地スタッド・ド・フランスでフランス代表と対戦し、1−0で勝利を収めた。

 日本は香川真司や長友佑都らがスタメンに名を連ねた一方で、本田圭佑はベンチからのスタートに。トップ下には中村憲剛が、前田遼一が離脱した前線にはハーフナー・マイクが入り、右サイドバックは内田篤人ではなく酒井宏樹が起用された。

 欧州遠征初戦の日本は序盤からフランスの圧力に苦戦し、押し込まれる時間が続く。ただ徐々に日本らしいパス回しも見られるようになり、20分には中村憲剛がシュートに持ち込もうとするなど、形も作る。

 しかし中盤すぎからフランスが攻勢を強め、日本ゴールを脅かす。日本は組織的な守備と粘り強いプレーで凌ぎ切ったが、前半は劣勢で終えることとなった。

 後半、巻き返しを図りたい日本は54分、リスタートから中村憲剛がミドルシュートを放ち、ハーフナーや香川も詰めるなど得点機を迎えた。63分には乾貴士と細貝萌を投入し、さらに活性化を図る。

 すると、徐々に中盤で主導権を握るようになり、76分には左サイドを長友佑都が突破し、クロスボールを相手GKがこぼしたところにハーフナーが詰めるなど、チャンスを作った。

 この後も長友のサイドから再三チャンスを作り、迎えた86分、自陣CKからカウンターを仕掛けた日本は、今野泰幸が右サイドに流れていた長友に展開。長友は中央へ折り返すと、香川が詰めて、ついに均衡を破った。

 結局、日本は香川が挙げた1点を守りきり、1−0で勝利。敵地フランスで歴史的な勝利を挙げている。

[写真]=Getty Images

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング