2012.07.27

U-23日本代表、大津のゴールで優勝候補スペインを撃破/ロンドン五輪

 U-23日本代表は26日、グラスゴーでロンドン・オリンピック1次リーグの第1戦でU-23スペイン代表と激突した。

 今大会屈指のタレントを擁し、優勝候補のスペインは序盤からボールを支配。日本は前線からの激しいプレスをかけ、カウンターを狙っていった。前線の永井 謙佑をターゲットにし、清武弘嗣や大津祐樹が飛び出してスペインゴールに迫る場面も見られた。迎えた34分、扇原貴宏のCKを大津が合わせて日本が先制点 を手にする。

 さらに前半終盤には、永井の中央突破にイニゴ・マルティネスがたまらず反則。レフェリーは決定的な場面を止めたとし、同選手にレッドカードを提示し、日 本が数的優位に立った。

 日本はハーフタイムに先制点を決めた大津に代え、齋藤学を投入。1人少ないスペインを相手に齋藤のドリブルや永井のスピードなどで積極的な攻撃を仕掛け た。対するスペインもフアン・マタがドリブルとパスを織り交ぜて日本ゴールに迫る。しかし、日本は最後まで粘り強い守備を見せて1-0で勝利を手にした。

 

[写真]=Getty Images

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る