2016.02.29

豪に敗戦も残り試合に切り替える主将の宮間「あと4勝するしかない」

宮間あや
バンエグモンド(背番号10)とボールを奪い合う宮間(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選の第1節が29日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とオーストラリア女子代表が対戦した。

 試合は25分にオーストラリアに先制点を許すと、41分にも追加点を奪われて2点を追う苦しい展開に。しかしながら前半終了間際に大儀見優季のゴールで1点を返して後半を迎えた。同点を目指してなでしこジャパンは攻め続けたが、78分にオーストラリアに追加点を奪われて万事休す。1-3で五輪最終予選を黒星でスタートすることとなった。

 主将を務めたMF宮間あやは、敗戦について「もちろん(初戦の)難しさもありますけど、本当に自分たちの実力だと思う。わかっていたことですけど、まだまだ足りないということです」と素直に負けを認めた。

 それでも、「終わったことを考えても仕方ないので、まだチャンスはあると思いますし、あと4勝、気を引き締めてもう一度向かって行きたいと思います。足りない部分もあると思いますけど、やれることはやっていると思うので、足りないということを自覚して、もっともっと努力したいと思います」と話し、下を向くことなく残りの4試合に目を向けた。

 次節、なでしこジャパンは3月2日に韓国女子代表と対戦する。宮間はこの試合に向けて「本当にあと4勝するしかないので、もう一度自分たちを見つめて、きっちりやりたと思います」と意気込みを強く口にした。

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
10pt
横浜FC
10pt
東京V
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
長野
6pt
福島
6pt
富山
6pt
Jリーグ順位をもっと見る