2015.11.30

なでしこ、年内最終戦を勝利で飾れず…ミスから失点しオランダに初黒星

宮間あや
オランダ戦に出場したなでしこ主将の宮間あや(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際親善試合が29日に行われ、オランダ女子代表と日本女子代表(なでしこジャパン)が対戦した。

 なでしこジャパンは、23日にオランダ入りし、合宿を開始。6日間のトレーニングを終え、29日に年内最終戦となるオランダ女子代表との一戦に臨んだ。オランダとの通算成績は3戦3勝で、今夏のFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015決勝トーナメント1回戦で対戦した際は、2-1で勝利した。

 先発はGKが山根恵里奈、DFは左から鮫島彩、熊谷紗希、長船加奈、有吉佐織の4人。中盤はボランチに宇津木瑠美と阪口夢穂を起用し、左サイドに宮間あや、右サイドに中島依美を配置。大儀見優季と有町紗央里が2トップを組む。

 強風が吹く中キックオフを迎えた試合はオランダのゴールで動く。開始4分、なでしこのパス交換をカットしたオランダがショートカウンターを仕掛けると、スルーパスでエリア内左に抜け出したリーケ・マルテンスがGKとの1対1を制してゴール右隅に決めた。さらに21分、鮫島が浮き玉のボールをコントロールミスすると、これを奪ったマノン・メリスがエリア内右から右足で狙う。シュートはGK山根の股下を抜けてネットを揺らした。

 2点のビハインドを背負ったなでしこは23分、相手DFのバックパスをカットした大儀見がGKと1対1を迎えたが、シュートはGKに当たり、わずかに枠の左に逸れた。42分にもなでしこにチャンス。大儀見が宮間とのコンビネーションでエリア内に侵入すると最後は滑り込みながら右足で狙ったが、このシュートも枠を捉えることができなかった。

 失点の後は攻め込む時間が増えたなでしこだがゴールを割ることはできず、試合はオランダの2点リードで前半を折り返す。なでしこは有町と中島を下げて、増矢理花と菅澤優衣香を投入し、後半を迎える。

 すると49分、なでしこは交代して入ったメンバーが絡み1点を返す。増矢のパスを受けた阪口がペナルティエリア内にスルーパス。反応した菅澤が粘ってマイナスを折り返しを入れると、阪口がエリア手前でシュートを放ち、無人のゴールに突き刺さした。

 なでしこは後半中盤に入って立て続けにメンバーを交代。62分、鮫島、長船を下げて、杉田亜未と川村優理をピッチに送り出す。阪口と熊谷がセンターバックでコンビを組み、杉田が左サイドに、川村と宮間がボランチに入った。71分、山根に代えて山下杏也加を、74分には宇津木を下げて横山久美を投入。なでしこは交代枠を使い切った。

 流れを掴んでいたなでしこだったが78分、増矢が自陣エリア内でマルテンスを倒してしまい、オランダにPKを献上。キッカーを務めたメリスが左隅に豪快に決めて、リードを再び2点とされた。なでしこは後半アディショナルタイム、大儀見がエリア手前中央からシュートを放つが、相手GKに弾き出された。

 試合はこのままタイムアップを迎え、なでしこは1-3の敗戦。オランダ相手に初黒星を喫し、2015年最後の試合を勝利で飾ることはできなかった。

 なでしこは、来年2月から大阪で開催されるリオ五輪アジア最終予選に臨む。同29日にオーストラリア女子代表との初戦を迎え、3月2日に韓国女子代表、同4日に中国女子代表、同7日にベトナム女子代表、同9日に北朝鮮女子代表と対戦する。

【スコア】
オランダ女子代表 3-1 なでしこジャパン

【得点者】
1-0 4分 リーケ・マルテンス(オランダ)
2-0 21分 マノン・メリス(オランダ)
2-1 49分 阪口夢穂(なでしこ)
3-1 78分 マノン・メリス(PK)(オランダ)

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る