2014.09.13

高瀬が開始15秒ゴール、なでしこ大量5得点でアジア大会に向け好発進

なでしこ
得点を喜ぶなでしこジャパンの川澄(左)と高瀬(右)[写真]=Getty Images

「なでしこジャパンWORLD MATCH」が13日に行われ、なでしこジャパンとガーナ女子代表が対戦した。

 先発メンバーにはキャプテンの宮間あや、川澄奈穂美らとともに、初招集の臼井理恵と増矢理花が入った。

 試合は開始15秒から動く。宮間からのロングボールに高瀬愛実が反応する。相手のDFラインを抜け出した高瀬がGKをかわすように浮かせたボールはゴールに吸い込まれ、なでしこが先制に成功する。

 追加点を狙うなでしこは11分、阪口夢穂が宮間とのワンツーで最前線に飛び出すと、GKと1対1になった場面で冷静に浮き球のシュートを決める。17分、坂口が左サイドへ抜け出した川澄に鋭い縦パスを供給。川澄がダイレクトでクロスを上げると、高瀬もダイレクトで右足を合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。

 30分、なでしこのCKは相手DFにクリアされるが、こぼれ球を中島依美が拾うと中央の北原佳奈へスルーパス。北原が落としたボールをゴール正面で受けた長船加奈がダイレクトでシュートを放つ。相手GKの手に当たりながらもネットを揺らし、代表初ゴールを決めた。さらに38分、中島がペナルティエリア手前から豪快なミドルシュートを放つと、GKの手前でワンバウンドしたボールは直接ゴールへ吸い込まれ、なでしこは一挙5点のリードを奪う。

 アディショナルタイムに突入すると、CKから最後は増矢理花がヘディングで合わせるも、これはオフサイドの判定。前半は、ガーナに攻め入る隙を与えなかったなでしこが5-0で前半を折り返す。

 ハーフタイムになでしこは海堀あゆみ、宮間、坂口、高瀬、増矢理花を下げ、山根恵里奈、猶本光、木龍七瀬、吉良知夏、菅澤優衣香を投入する。川澄が右サイド、2トップに吉良と菅澤が入った。ガーナはGKアサンテワーをドゥマヒシに代える。

 後半も開始から積極的に攻めるなでしこは54分、ペナルティエリア手前で猶本が得意のミドルシュートを放ったが、わずかにクロスバーの上へ外れる。

 一方のガーナは65分にCKを獲得。ゴール前中央に上げたボールはDFがクリアする。69分、臼井に代えて、チーム最年少の羽座妃粋を入れる。早速、右サイドでボールを奪った羽座が、ゴール前の菅澤を狙ったクロスを上げるが、合わせたヘディングはそれてしまう。84分には、自らミドルシュートを打ちにいったが、枠を捉えることができない。

 88分、なでしこはFKを獲得するも決定機を生かせず、直後のCKは、菅澤が競り合って落としたボールに反応した吉良がシュートを放つも相手DFに阻まれる。後半は追加点を奪えず試合終了。前半にゴールラッシュを見せたなでしこが5-0でガーナに勝利を収めた。

 今後、なでしこは19日に仁川で開幕する第17回アジア競技大会に出場。15日に中国との初戦を迎え、18日にヨルダン、22日に台湾と対戦する。

【スコア】
なでしこジャパン 5-0 ガーナ女子代表

【得点者】
1-0 1分 高瀬愛実(なでしこジャパン)
2-0 11分 阪口夢穂(なでしこジャパン)
3-0 18分 高瀬愛実(なでしこジャパン)
4-0 30分 長船加奈(なでしこジャパン)
5-0 38分 中島依美(なでしこジャパン)

Jリーグ順位ランキング

川崎F
22pt
浦和
22pt
鳥栖
21pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
66pt
松本
57pt
C大阪
54pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
43pt
鹿児島
37pt
大分
36pt
Jリーグ順位をもっと見る