2012.12.21

INAC神戸の星川監督が退任「最高のメンバー、チームで最高のサッカーができたことは誇り」

 なでしこリーグのINAC神戸レオネッサは21日、星川敬監督が今シーズン限りで退任することを発表した。

 星川監督は2010年11月にINAC神戸の監督に就任。その年の皇后杯全日本女子サッカー選手権大会に優勝し、2011年も同大会を制覇。なでしこリーグでは2011年シーズンと2012年シーズンに無敗で2連覇を達成している。

 星川監督は退任にあたり、クラブ公式HPを通じて以下の様にコメントしている。

「INAC神戸レオネッサを率いた2年と2ヶ月間は本当に素晴らしい時間でした。会長をはじめ、INACに関わった全ての方々、応援して頂いたサポーターの皆様にはただただ感謝の気持ちで一杯です」

「特に選手には、自分が思い描く理想とするプレーをピッチで表現してくれて、本当に幸せな時間を過ごさせてもらいました。最高のメンバーと最高のチームで、最高のサッカーができたことはとても誇りです」

「自分は6年間ほど女子サッカーに関わらせていただきました。今振り返って、自分は女子サッカーの発展となでしこメンバーを多く抱える『責任』というものは果たせたと思っています。最後にINACのさらなる発展と成功、日本の女子サッカーの次の世界一へのチャレンジを応援しています」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る