FOLLOW US

【横浜FCvs大分プレビュー】横浜FCは開幕戦の悪夢を払拭できるか…大分は逆転勝ちした昨季の再現を目論む

[写真]=兼子愼一郎、J.LEAGUE

横浜FC ゴールという結果で期待に応える新加入ストライカーに注目

【プラス材料】
 3日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ第1節の柏レイソル戦は、リーグ開幕節から大きくメンバーを代えた中で劣勢を強いられる時間が長かったものの1-0で勝利。まさかの大敗を喫した北海道コンサドーレ札幌戦のショックを払拭した。

 公式戦2試合を終え、リーグ戦・カップ戦ともに思ったようなサッカーを展開できている時間はまだまだ少ないが、FWクレーベやFW伊藤翔といった新戦力のストライカーにゴールが生まれていることは明るい材料である。今季は得点力アップを目指しており、点取り屋の存在は心強い。

 この2試合はアウェイでの戦いが続いていたため、今節の大分トリニータ戦が今季初のホームゲーム。『ニッパツ三ツ沢球技場』で待つ横浜FCサポーターは目の前で試合が観られることを待ちわびており、今季のチームがどんなサッカーをするのか最高のお披露目の場になる。

【マイナス材料】
 1-5の大敗に終わった札幌との開幕節は、自分たちのスタイルよりも札幌対策を意識したスタイルで戦った結果、ピッチ上に迷いが生まれて散々な結果となった。いくらルヴァンカップで勝利したとはいえ、リーグ戦でその影響を引きずっていないか心配である。

 今節の相手・大分とは昨季の対戦で2敗と負け越し。スタイルが似通う相手に上回られた印象が強い。特にホームでの一戦は2-0からひっくり返された苦い記憶がある(2-3で敗戦)。連敗スタートは避けたいだけに、しっかりとした準備と対策で臨みたい。

 開幕節の札幌戦ではロングボールを多用し、ルヴァンカップの柏戦では相手に攻められる時間が長かった。2試合を終えてチームの信条である“ボールを握る”という点で、相手を下回っているのは気になるところ。切り替えて迎えるホームゲームで今一度、自分たちの原点を思い出したい。

文:totoONE編集部

大分トリニータ まずは自分たちのスタイルを取り戻すことに注力したい

【プラス材料】
 リーグ戦・カップ戦でいまだ勝利はないが、2試合で26人の選手を試すことができた。その中で新戦力のFW渡邉新太とFW藤本一輝が加入後初ゴールを決めたことは大きい。シーズン序盤のゴールで気持ちが楽になったことは確かで、自分の持ち味を出しやすくなったはずだ。両者ともアグレッシブな仕掛けを武器としており、今後も積極的に得点機に絡むだろう。

 これまでの2試合は連戦であったが、いずれもホームゲームだったので移動による疲労がなく、コンディションを整えやすい。チーム始動当初は別メニューで調整した藤本やDF香川勇気が試合に出場し、ある程度計算できる目処が立った。懸念材料だった最終ラインも、DF刀根亮輔が2試合で安定したパフォーマンスを見せたのも好材料だ。

【マイナス材料】
 GKを組み込んだビルドアップが不安定。相手の前線からのプレスをはがせず、苦しまぎれのロングフィードが目立つ。今オフに主力が抜けた穴の大きさを感じる。片野坂知宏監督は「自分たちらしい戦いができていない。ボールを持てず、攻撃の時間が少ない」と肩を落とす。開幕節の徳島ヴォルティス戦はシュート5本、JリーグYBCルヴァンカップ第1節のヴィッセル神戸戦はシュート4本に終わり、精彩を欠いた。メンバー編成を含めた対応が求められる。

 開幕節の徳島戦で相手選手との接触により前半でピッチを去ったMF野村直輝の膝の状態がよくない。昨季終盤から前線の軸となっていただけに、長期離脱となればチームにとって大きな痛手となる。選手層が決して厚いチームではない。ケガ人が増えれば、戦力低下に直結する。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO